【高校野球】元メジャー右腕も唸るプロ注目・小園の才能 大会タイ3二塁打に「物が違う」

【高校野球】元メジャー右腕も唸るプロ注目・小園の才能 大会タイ3二塁打に「物が違う」

ドラ1候補と呼び声高い報徳学園・小園海斗【写真:荒川祐史】

3本の二塁打で攻撃の起点となった小園を絶賛「いい振りをしている」

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第7日は、第2試合で1回戦が終了し、第3試合から2回戦に突入。報徳学園(東兵庫)が接戦の末に3-2で聖光学院(福島)を下し、強豪対決を制した。

 報徳学園は今秋のNPBドラフト会議で1位指名候補と目される小園海斗内野手が、大会タイ記録となる3本の二塁打で攻撃の起点となった。元阪神でメジャーでもプレーした藪恵壹氏は、期待を一身に背負いながらも、しっかりと結果を残した小園について「やっぱり物が違いますね」と感心した。

 この日、報徳学園が挙げた3点は、いずれも先頭・小園が二塁打で出塁し、続く村田がバントで送り、3番・長尾が返すという攻撃パターンから生まれた。高校野球で、これほどキレイに得点パターンがハマるケースは稀だが、「これが報徳学園のパターンなんでしょうね」と見る。

「今日は小園君は二塁打が3本でしたが、彼は足もありますからね。単打でも盗塁で二塁に進める。だから、3番の長尾君が打席に立つまでに、1死二塁、1死三塁という形は作りやすい。相手チームにしてみれば、嫌なパターンですよね」

 小園が打った3本の二塁打の中でも、8回に左翼へ飛ばした当たりは「素晴らしかった」と振り返る。無駄のない鋭いスイングでボールを左中間へ弾き返した。高校生は木のバットより飛距離が出る金属バットを使用していることを差し引いても「いい振りをしていますよ」と称賛を惜しまない。空振り三振を喫した第3打席も「内角を振らされた訳ではないし、自分のタイミングで振りにいった結果。あれは悪くない」と評価する。

報徳学園が1点を勝ち越した直後の8回裏、聖光学院は…

 報徳学園が点を挙げ、聖光学院が追いつく。両者一歩も譲らぬ試合展開となったが、藪氏は勝負の分かれ目は「8回裏ですね」と指摘する。

「8回裏、1死一、二塁になった時、聖光学院はなんで送りバントをしなかったんでしょうね。守備側の心理を考えると、送りバントで2死二、三塁にされた方が嫌でしょう。試合の展開を考えても、逆転のランナーが二塁にいるプレッシャーは大きいと思います。聖光学院が三度追いついた可能性はあったと思います」

 同時に、この場面で9番・衛藤を遊ゴロ併殺に打ち取り、ピンチを乗り切った報徳学園の2番手・木村勇仁投手にも注目。「木村君は、あの136キロくらいのカットボールに相当自信を持っていそうですね」と振り返る。

「あの場面で、わざわざ首を振って投げていましたからね。実際、素晴らしいカットボールだと思います。ストレートと同じ軌道で、手元でクッと曲がる。高校生ではなかなか打てないですよ。

 報徳学園は左のエース・渡辺君と右の木村君で、タイプの違う2枚看板がいるのは大きいですね。今日も渡辺君は73球で降板しているから、次戦に向けて負担は軽減できる。2人を上手く使っていければ、報徳学園はなかなか面白い存在になるんじゃないですかね」

 2010年夏の甲子園では、準決勝で興南(沖縄)の前に涙を呑んだ強豪は、8年ぶりの聖地でどこまで勝ち進むのだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)