【MLB】大谷翔平、第4打席に快音 右腕パガンからレフトへ痛烈ヒットを放つ

【MLB】大谷翔平、第4打席に快音 右腕パガンからレフトへ痛烈ヒットを放つ

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

3打席目まではベテラン右腕ジャクソンの前に無安打

 エンゼルス大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地アスレチックス戦で2試合連続安打を記録した。9回先頭で迎えた第4打席に、センターへ痛烈なヒットを飛ばした。

 0-7で迎えた9回。先頭で打席に立った大谷は、アスレチックス3番手右腕のパガンと対戦。初球93.9マイル(約151キロ)速球を強振すると、打球はセンターに飛ぶヒットとなった。

 先発右腕のジャクソンには3打数無安打に抑えられていたが、最後の打席で一矢報いた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)