【MLB】大谷は日本人にとって「自分の子供のよう」? 元日ハムコーチが地元TVで語る

【MLB】大谷は日本人にとって「自分の子供のよう」? 元日ハムコーチが地元TVで語る

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

白井元コーチがアナハイムを訪問、大谷は「対応能力がやっぱりすごい」

 昨年まで日本ハムでコーチを務めた白井一幸氏がエンゼルスの大谷翔平投手を訪問し、地元テレビ局からインタビューを受けた。開幕前のオープン戦ではメジャーへの適応に苦労しながら、開幕後は圧巻の活躍を見せた二刀流について「対応能力がやっぱりすごい」と脱帽。日本人にとって、大谷は「自分の子供のよう」と表現している。

 エンゼルスの本拠地エンゼルスタジアムを訪れ、大谷本人の“取材”も行った白井氏。その存在は現地でも注目を浴び、試合を中継する地元テレビ局「FOXスポーツ・ウェスト」からインタビューも受けた。その様子は、同局の公式ツイッターでも公開されている。

 まずはレポーターから「彼がメジャーリーグに上手く適応したことに関して何が一番驚きましたか?」と聞かれた白井氏。すると、「スプリングトレーニングのゲームの時に相当苦しんでいたのですけれど、シーズンに入ったら、打つ方も少しバッティングスタイルを変えたり、投げる方でも本当にスプリングトレーニングとは全く違うピッチングができて、こちらの野球にアジャストするっていう対応能力がやっぱりすごいと思いました」と話した。昨年まで大谷と間近で接し、その能力の高さを見せられていただけに、言葉には実感がこもった。

 また、日本球界にとって大谷がどのような存在かを聞かれると、愛情たっぷりにこう説明した。

「日本中の野球ファンだけじゃなくて、本当に日本の国民が大谷選手がアメリカでどれくらいの活躍をするかっていうのをすごく注目していた中で、メジャーリーグで大谷選手が活躍しているのを日本の人たちは自分のことのように喜んでいますね。日本中の人たちが自分の子供のように大谷選手を見ていますので」

 1試合1試合での大谷のプレー、そして、投球や打撃の結果に多くの人が注目しているのは確か。白井氏も気になって仕方がないようだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)