U12アジア選手権開幕 日本は初戦チャイニーズ・タイペイに悔しい逆転負け

U12アジア選手権開幕 日本は初戦チャイニーズ・タイペイに悔しい逆転負け

チャイニーズ・タイペイ相手に惜しくも敗れたU12代表の選手たち【写真:Getty Images】

強敵相手に黒星スタート 仁志監督「初戦はどんな相手でも難しい」

「第10回 BFA U12アジア選手権」が13日、台湾・台北で開幕した。予選ラウンドグループAの日本は地元のチャイニーズ・タイペイと対戦。4-8の逆転負けを喫し、黒星スタートとなった。初戦で強豪のチャイニーズ・タイペイに敗れ、仁志敏久監督は「この子供たちの試合になってからの力量や状況の理解度などを、こちらもまだ把握仕切れていなかったというのはある。毎回、初戦はどんな相手でも難しい」と話した。

 先攻の日本は2回、先頭の5番・森山竜之輔が初球を右中間に弾き返して出塁。6番・専徒大和が遊安で続いた。1死後に8番・玉城功大が振り逃げで満塁とすると、9番・芦硲晃太は選球眼よく四球を選び、日本が先制した。さらに、1番・足立然の一ゴロの間に1点を追加。2番・西村大和が四球で再び満塁とすると、3番・栗山大成の三塁への打球が失策を誘い、この回で一気に4点を奪った。

 ところが、すぐにチャイニーズ・タイペイは力を見せつけた。初回をゼロに抑えた先発・西村大和だったが、2回に先頭の5番・CHU.HUNG.HUAにカウント3-1からの5球目を左翼席に運ばれた。その後、死球と中安で1死一、三塁とされると、9番・HSIEH.CHIAO.ENの三ゴロが高くバウンド。これを三塁手の真栄里が捕球できず失策となり、さらに1点を返された。3回には先発・西村が2連打を浴び、無死二、三塁で降板。代わった稲福倫汰も勢いは止められず、2者連続でタイムリーを浴びて同点とされた。さらに送球ミスや長打などで点差を広げられた。

敗戦も下を向かず、栗山主将「明日からしっかり日本代表の力を出し切りたい」

「せっかく相手がミスで点をくれたのに、こちらもミスで点を与えてしまったのはもったいなかった」と仁志監督。慣れないナイターの影響か、フライの捕球で余裕がなかったり、ミスが起こったりしたが、一方でポジショニングで安打を防いだり、随所に好プレーも出た。2回には、本塁打を浴びた直後に中堅手の専徒が前に駆け込んでダイビングキャッチするなど、会場を沸かせた。投げては、3番手で3回途中から登板した巴田瑠碧が走者を背負いながらも踏ん張りを見せて無失点と好投。仁志監督は、敗戦の中に収穫も多くあったと振り返る。

「外野の子は難しかったかもしれないですね。でも、専徒なんかはいいプレーをしたし、レフトの足立は練習でもあまりやらせてない元々は内野の子。試合の中での理解度とか、すごく高い子です。相手が台湾なので、外野が重要だと思った。内野はある程度打ち取った打球であればうまくできるかなという子を守備位置につけていた。それでもミスが出たのはしょうがないですね、小学生だからね」

 体格の大きなチャイニーズ・タイペイを前に屈したが、下を向いている暇はない。14日はインドネシアと対戦する。「計算上、スーパーラウンドまでに1敗はできるんですよね。スーパーラウンドで勝たないといけないけど、これから全勝すればまだ決勝に行く望みは残っているので」と指揮官。栗山大成主将は「今日は負けたけどそのことは忘れて、明日からしっかり日本代表の力を出し切って勝ち上がっていきたいです」とキッパリ。この日の1敗を糧に、小さな侍戦士たちは連覇に向かう。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)