【高校野球】大阪桐蔭・藤原はなぜ逆方向へ強い打球を打てるのか 育成のプロが見る凄み

【高校野球】大阪桐蔭・藤原はなぜ逆方向へ強い打球を打てるのか 育成のプロが見る凄み

ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏【写真:岩本健吾】

沖学園戦は後半に打線が機能「強打の裏付けが見えた試合だった」

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第9日、第1試合は優勝候補の大阪桐蔭(北大阪)が初出場の沖学園(南福岡)を10-4で下し、3回戦に進出した。“二刀流”根尾が8回8安打4失点7奪三振と力投し、9回はエースの柿木が3三振を奪い無失点。一方、打線は沖学園の先発・石橋に手こずったものの、根尾、藤原とプロ注目の2人にアベック弾が飛び出し、最終的には10点を奪取。沖学園の頑張りもあったが、結局は力を見せつける形となった。

 史上初の2度目の春夏連覇へ向け、優勝候補の最有力候補とされる大阪桐蔭。名将・野村克也氏の“右腕”としてヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めてきた松井優典氏は、大阪桐蔭の「強打の裏付けが見えた試合だった」と指摘する一方で、他校のレベルの高さから「春夏連覇はそう簡単にはいかない」と見ている。また、ドラフト1位候補とされる4番・藤原の打撃には、逆方向へ打球を飛ばす能力の高さを絶賛した。

 大阪桐蔭が有利と見られたこの試合、前半は互角の展開で進んだ。沖学園の先発を任された石橋は、3回まで無安打投球。しかし、4回に大阪桐蔭打線につかまり始め、藤原のタイムリーと暴投で2点を失う。5回からは背番号1の斉藤がマウンドへ。すると、大阪桐蔭はそこから8回まで4イニング連続で得点。最後は突き放す形となった。この試合展開に大阪桐蔭の特徴が見て取れたと松井氏は言う。

「強打の大阪桐蔭と言われていますが、そこに裏付けがあるという感じの試合でした。相手ピッチャーが斉藤君に変わってからの攻撃に大阪桐蔭の特徴が出た。先発ピッチャーに対しては、やはり研究不足だったと思います。石橋くんは確かによく投げましたが、どの選手も少し戸惑ったようなバッティングをしていました。ただ、斉藤君が出てきた途端に変化球は振らなくなり、逆方向に打球が飛び始めた。斉藤君の変化球への対応がしっかりと見えた。きちっと研究しているという大阪桐蔭の攻撃能力の高さが見えました。振りの速さは確かにありますが、そこに行くまでの準備の段階がしっかりできていた」

 そんな中で違いを見せていたのが、4番の藤原だという。8回に放った左翼への強烈な本塁打には、甲子園がざわつくほどのインパクトがあった。

ハイレベルな藤原の打撃「タイミングの中で逆方向に打球を操作できる」

「逆方向にあれだけ強い打球を打てるというのは、本当に大きな武器です。藤原君の場合は、逆方向へ引っ張っている。他の選手は、逆方向へ打とうと思ったら方向決めのバッティングをします。でも、藤原君は方向決めではなくて、タイミングの中で打ちにいっている。それが逆方向にライナーで飛んでいく秘訣だと思います。普通は逆方向に打とうと思ったら、体勢がちょっと崩れます。その分、低めの変化球に対しての見極めが良くなったりとか、そういう傾向がある。ただ、逆方向に打つと対応力は広くなるけれど、打球が弱くなります。それが普通のバッターです。でも、藤原君の場合は逆方向にあれだけ強い打球を打てる。体が強いということだけではなくて、タイミングの良さがあるからです。タイミングの中で逆方向に打球を操作できるバッターの特徴。だから、あれだけの強い打球になります」

 3番・中川、4番・藤原、5番・根尾と高校トップレベルの打者が並ぶクリーンアップを中心にその破壊力はやはり抜群。投手陣も柿木、根尾、長身左腕の横川とハイレベルだ。一方で、松井氏は走塁面にはやや課題があると指摘。「走塁はすごく積極的ですが、1歩目のリードなどが少し甘いなと見えました。大阪桐蔭であれば、そういうところまで徹底的にやってほしいという思いがあります」と要求する。

 では、大阪桐蔭が優勝の最有力候補という見方は揺らがないのか。松井氏は必ずしも安泰ではないと見ている。

「大阪桐蔭が優勝候補の1つとして展開していくとは思います。ただ、この日の前半の戦いぶり、あのピッチャーをどう攻略するかということをもう少し見たかったなという思いはあります。あのような展開はこの先も出てくるでしょう。この先、いいピッチャーと当たる時にどうするかなというのが絶対に課題になってきます。やはり、春夏連覇は簡単にはいかない。他の試合を見ていても、かなり他校のレベルも高い。この日の試合も、点差ほどの大阪桐蔭の強さは感じませんでした。他のチームのレベルも上がっているので、絶対的な力ではないと思います」

 もちろん、大阪桐蔭の選手、そして西谷監督は気を引き締めて大会に臨んでいるはず。北大阪大会では準々決勝で金光大阪と接戦を演じ、準決勝では履正社に敗退寸前まで追い込まれた。史上初の2度目の春夏連覇への道が険しいことは覚悟の上だろう。対戦相手も大阪桐蔭を十分に研究し、体当たりで臨んでくる中で偉業を達成することはできるか。大きな注目を浴びながら、“横綱”が一歩一歩、頂点に近づいている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)