【U-12アジア選手権】敗戦でも光った巴田のカーブ 大分から熊本まで片道3時間半の自主練で研鑽

【U-12アジア選手権】敗戦でも光った巴田のカーブ 大分から熊本まで片道3時間半の自主練で研鑽

台湾相手に好投した侍ジャパンU-12代表・巴田瑠碧【写真:Getty Images】

流れの悪い場面で登板も「楽しくピッチングをしようと」

「第10回 BFA U12アジア選手権」が13日、台湾・台北で開幕した。予選ラウンドグループAの日本は地元のチャイニーズ・タイペイと初戦を戦い、4-8で逆転負けを喫した。チャイニーズ・タイペイは体格が良く、本塁打や5本の二塁打など長打力を発揮されたが、3番手で登板した巴田瑠碧(るい)が2回2/3を無失点と好投。仁志敏久監督は「いいピッチングだった。変化球がすごくよかった」と称えた。

 長打を連発するチャイニーズ・タイペイの勢いを、巴田が止めた。3回、日本のミスもあったが、相手打線の長打で逆転され、8点目を失った直後に出番が回ってきた。4-8の1死二塁。これ以上は相手に流れを渡したくない場面だが、「楽しくピッチングをしようと思って行きました」と前を向いてマウンドへ。3番・HU.JEN.LIを二ゴロに打ち取ると、前の打席で二塁打を放っている4番・CHANG.CHAO.HUNGから空振り三振を奪った。

 4回には先頭打者に二塁打を浴びたが、投飛、左飛に打ち取って2死。代打に死球を与えて一、二塁とされるも、最後は三飛に抑えた。5回は1死から内野安打を許したが、直後に捕手の栗山大成が盗塁を刺し、2死から空振り三振で打者3人で終わらせた。無失点で切り抜けた巴田は「自分がやれることはできたので、いいピッチングができたと思いました」と笑顔を見せた。

 仁志監督は「4点差になり、後ろのピッチャーも予定はあったんですけど、間で巴田を挟もうと思って3番手で投げさせました。いいピッチングでした」と拍手。「あんなにゲームで変化球がいいとは、こちらも思っていなかった」と、特にカーブを絶賛した。「どうしてもボールの力だけで考えちゃうと、大きい子の方がやっぱり力は強い」と仁志監督が話すように、ボールのスピードや威力は体格が影響するところもある。巴田は151センチ、43キロ。「多分、真っ直ぐのスピードは100何キロとかでしょうけど、変化球がすごくよかったですね」と目尻を下げた。

 元ヤクルトの投手である河端龍コーチも、巴田の投球に賛辞を送った。

「新しい環境なのに堂々と振る舞って、自分のペースで投げられていたのが一番良かったことですね。どうしても小学生なので環境が変われば浮き足立ったりすることがあるのですが、自分のペースで1球目にちゃんと入っていけたことが良かったと思います。普段、投げていない変化球もしっかりと放れていたので、本当に立派なピッチングでしたね」

大分から熊本まで片道3時間半をかけて捕手・栗山と練習

 仁志監督、河端コーチが褒めた変化球は練習の賜物だ。「日本にいた時にお父さんと練習をしていて、その成果が出たなと思いました。合宿に行った時、カーブもありだと聞いて、次の日から練習していました」と巴田。8月に入ってからは捕手の栗山の元へ行って練習もした。大分県から熊本県まで片道3時間半。「(巴田が)熊本に来て、一緒に練習して。それで結構よくなったと思います」と栗山。カーブも交えた投球練習を50球ほど行った。一緒にとんかつを食べてからバッティングセンターにも行った。1回が無料になったり、ヤフオクドームでの観戦チケットをもらえたりする特典がある「ラッキーポケット」に打球を入れる勝負もして楽しんだ。

 黒星スタートとなったが、随所に好プレーが出た。巴田の投球も日本にとっては明るい材料だ。河端コーチは他の投手への好影響も期待する。

「パワーではどうしても太刀打ちできないところがあると思います。ミーティングの時も言ったんですけど、バッターって、やっぱりタイミングが命。ピッチャーはタイミングをどう外すかが一番。速い球を投げることがピッチャーではなく、タイミングを外すことが一番の抑える能力だと思うので、今日の巴田のピッチングを見て、周りのピッチャーも考えてくれたり、感じたりするところがあったらいいなと思っています」

 大会は始まったばかり。次回登板に向けて、巴田は「今日と同じように変化球も混ぜて、追い込んだら三振を取るけど、追い込むまでは打たせて取るようなピッチングをしたいです」と意気込んだ。目標の2連覇に導く投球を続ける。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)