【MLB】大谷翔平、2-2の延長10回に代打出場 外角低めをきっちり見極め四球選ぶ

【MLB】大谷翔平、2-2の延長10回に代打出場 外角低めをきっちり見極め四球選ぶ

代打出場で勝利に貢献したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地での交流戦で3戦ぶりにスタメン外れる

 エンゼルス大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地パドレス戦で延長10回に代打出場し、四球で出塁した。エンゼルスはこの回に4点を加え、6-3で勝利した。

 敵地での交流戦でDH制が採用されず、3試合ぶりベンチスタートとなったこの日。大谷の出番は2-2の延長10回、1死一塁の好機で回ってきた。2ボール1ストライクから4球目で一塁走者だったヤングが二盗。1死二塁と好機を広げたところで、外角低めの速球をきっちり見極め、四球を選んで出塁した。

 後続の二塁打で三塁走者となった大谷は、フレッチャーのスクイズで生還。チームはこの回に4点を加え、6-3で勝利した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)