【高校野球】花咲徳栄・野村、4回途中7失点KO 横浜打線爆発で一挙6点勝ち越し

【高校野球】花咲徳栄・野村、4回途中7失点KO 横浜打線爆発で一挙6点勝ち越し

花咲徳栄・野村、4回途中7失点KO

自らのエラーも絡み大量失点、打者としても2打席凡退

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第3試合、花咲徳栄(北埼玉)と横浜(南神奈川)の首都圏強豪校対決は、1-1の4回に大きく試合が動いた。

 横浜はこの回、先頭の内海が左中間二塁打で出塁。続く角田が左前にはじき返して2-1と勝ち越すと、花咲徳栄のエース・野村が投ゴロを悪送球するエラーもあり、適時打を重ねて6点目が入ったところで野村は控えの中田にマウンドを譲り一塁の守備へ。3回0/3で無念の降板となった。

 結局、横浜はこの回5安打1死球1失策に犠飛もからんで打者一巡、一挙6点を挙げ7-1と大きくリードを奪った。

 横浜先発は背番号10の速球左腕・及川。1回に1点を先制されたものの、その後は走者を出しながらも要所を締めるピッチング。打者としてもプロ注目の野村は、第1打席が当たりそこねの一ゴロ、第2打席は空振りの三振。打線爆発の横浜でも、4番の万波は三ゴロ2つと空振り三振。1回戦から通算7打数ノーヒットといまだに当たりは出ていない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)