【MLB】マイコラス7回4失点で勝敗つかずも監督代行「我々はマイルズを信頼している」

【MLB】マイコラス7回4失点で勝敗つかずも監督代行「我々はマイルズを信頼している」

ナショナルズ戦に先発したカージナルスのマイコラス【写真:Getty Images】

6回まで2失点も7回に2点弾献上、チームはサヨナラ勝ち

 元巨人でカージナルスのマイルズ・マイコラス投手が13日(日本時間14日)、本拠地ナショナルズ戦に先発し、7回を2被弾を含む4安打4失点(自責4)だった。2点ビハインドの場面で降板したが、チームは9回にサヨナラ勝ち。勝敗はつかなかった右腕だが、試合後マイク・シルト監督代行は「我々はマイルズを信頼している」と今季大活躍の右腕に対する思いを語った。地元テレビ局「FOXスポーツ・ミッドウエスト」が報じている。

 マイコラスはこの日、2回にジマーマンの適時打、4回にはハーパーのソロ弾で1点リードを許す。だが、4回裏に無死二、三塁の好機で、自らセンターへ同点犠飛。だが、7回にソトに勝ち越し2ランを浴びて、2点ビハインドの状況でマウンドを下りた。

 8回に味方打線の奮起で逆転、同点とされた9回にはデジョングのサヨナラ弾でチームは勝利。マイコラスは黒星を消してもらった形だが、シルト監督代行は「マイコラスは今年ずっと良い投球をしている」と評価。この日の投球について「6回をきっちり抑えていた。レンドンに四球を与えたことは良くなかった。(本塁打を打った)ソトはかなりパワーの持ち主で、素晴らしいスイングをした」と話した。

 今季はすでに12勝を挙げ、チームの勝ち頭となっている右腕。シルト監督代行は「我々はマイルズを信頼している」と、改めてマイコラスに対する自信を語っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)