【MLB】「球を持つのを忘れた」!? 先発投手がまさかの“エアスロー”でボーク犯す珍事

MLBレッズのホーマー・ベイリー投手がインディアンス戦で珍ボーク 解説者らが驚き

記事まとめ

  • MLBレッズがインディアンス戦で、先発のホーマー・ベイリー投手をマウンドに送った
  • ベイリーは4回にボールを握らずに投球する“エアスロー”で、珍ボークを犯した
  • 投球動作に入り右腕を振ったが手にボールはなく、実況は唖然、解説者は苦笑い

【MLB】「球を持つのを忘れた」!? 先発投手がまさかの“エアスロー”でボーク犯す珍事

【MLB】「球を持つのを忘れた」!? 先発投手がまさかの“エアスロー”でボーク犯す珍事

レッズのホーマー・ベイリー【写真:Getty Images】

ベイリーは無死一、二塁でボールを握らず投球しボークを犯す

 レッズのホーマー・ベイリー投手がボールを握らずに投球する珍ボークを犯した。13日(日本時間14日)、本拠地インディアンス戦に先発したベイリーは5回1/3、10安打5失点で10敗目を喫した。4回にはまさかのボークでピンチを招いたが、その場面についてMLB公式ツイッターが伝えている。

 解説者、実況も目を疑ってしまうほど頭に「?」マークが浮かんだ珍プレーが起こったのは1点を追う4回無死一、二塁の場面だった。ベイリーはセットポジションから投球動作に入り右腕を振ったが、その手にはボールが握られておらず“エアスロー”状態に。審判はボークを告げ、二、三塁のピンチを迎える羽目になった。

 この試合を中継したTV局「FOXスポーツ・オハイオ」の実況は「何が起こったのかわかりません」と唖然と言葉を失うと、解説の元投手クリス・ウェルシュ氏も「何が起こったのか分かりません。彼は球を持つのを忘れてしまいました。このようなことは見たことがないと思います」と苦笑いを浮かべるしかなかった。

 ベイリーはその後、何とか無失点で切り抜けたが、同点の6回にインディアンス打線につかまり6回途中で降板。10敗目を喫してしまった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)