ホークス柳田、東浜を救う“バズーカ補殺”「近い分、いい球がいったかな」

ホークス柳田、東浜を救う“バズーカ補殺”「近い分、いい球がいったかな」

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

5回満塁機には中飛に倒れるも「則本の球がすごかった」

■ソフトバンク 2-1 楽天(14日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク・柳田悠岐のスーパープレーが東浜巨を救った。14日の楽天戦の初回。1死一、三塁の場面で今江年晶のセンターフライを捕球すると、見事な返球でタッチアップした田中和基をホームで刺し、楽天の先制を阻止した。

 柳田は「足の速いランナーなので(タッチアップして)くると思っていました。近い分、いい球がいったかなと思います」と初回の補殺場面を振り返った。確かに浅めのフライだったとはいえ、少しでも逸れていれば先制を許していたことだろう。東浜も「ギータさんの補殺が大きかった」と感謝しきりだ。

 直後の1回裏には中村晃に続いてあわやテラス弾かというヒットを放って一、三塁と好機を広げ、デスパイネへの5球目で盗塁。この盗塁が効いて、デスパイネのタイムリーで2点目のホームを踏んだ。

 ただ5回の2死満塁で大きなセンターフライに倒れたことについて「ツー満で打てんかったので、(勝てたのは)ピッチャーさまさまです」と、1点差勝利をものにした投手陣を称えた。そのセンターフライについては「つまってましたね。あれはもう則本の球がすごかったです」と、素直に則本昂大に完敗だったことを認めていた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)