【MLB】“師匠”イチローから「学んだ」ボーア、新天地で活躍誓う「どんな形でも貢献」

【MLB】“師匠”イチローから「学んだ」ボーア、新天地で活躍誓う「どんな形でも貢献」

かつてマーリンズでチームメイトだったイチロー(右)とジャスティン・ボーア【写真:Getty Images】

新天地では代打の“切り札“に「イチローたちから学んだ教訓をフィリーズで生かす」

 マーリンズからフィリーズに移籍したジャスティン・ボーア内野手が、昨季までのチームメートで“師”と仰ぐイチロー外野手(現マリナーズ)を手本に控えとしての役割をこなすと地元メディアに明かしている。「NBCスポーツ・フィラデルフィア」が報じた。

 ボーアは10日(日本時間11日)にフィリーズへのトレード移籍が発表された。フィリーズはナ・リーグ東地区でブレーブスと熾烈な優勝争いを繰り広げており、14日(同15日)時点で1.5ゲーム差の2位。地区制覇、プレーオフ進出のためにマーリンズの主砲を補強した。ボーアは今季打率.229ながら、19本塁打、54打点をマーク。フィリーズは一塁に主砲のカルロス・サンタナがいるため、ボーアは代打の切り札として起用される見込みだという。

「NBCスポーツ・フィラデルフィア」は「ジャスティン・ボーアがイチローたちから学んだ教訓をフィリーズでの新しい役割に生かす」とのタイトルで特集を掲載。記事では「ボーアはマイアミでスタメン出場していたが、ゲーブ・キャプラー監督によると、フィリーズは彼をベンチの“武器”として使うようである」とした上で、本人のコメントを紹介している。

「ここに来られてワクワクしている。ここの雰囲気は素晴らしい。彼らは良くコミュニケーションを取ってくれるし、僕の役割が何なのか教えてくれた。僕がここでしたいのは、チームの勝利に貢献することだ。それがベンチ選手としてだろうが、あちこちでプレーすることだろうが、チームが勝つために必要なことを全うする」

昨オフにはイチローに会うため日本を訪問、ツイッターで公開した2ショット写真が話題に

 記事では「ボーアはイチロー・スズキやジェフ・マシスのような元チームメートがその役割(控え)をこなすのを見ていた」とも言及。マーリンズ時代にチームメートだったベテラン選手たちが最高のお手本になるという。ボーア自身は「僕は素晴らしい選手たちから学んだんだ。自分とイチローを比べることなんてできないけど、彼がどのように動き続け、ストレッチなどを続けていたのか見ていたんだ」と話している。

 ボーアは2015年から3シーズンともにプレーしたイチローに心酔しており、昨オフには日本を訪問。ほっともっとフィールド神戸で合同自主トレを行い、自らのツイッターで「史上最高の名手と日本で打撃練習」という文言とともに2ショット写真を公開していた。イチローがピースサインを作り、ボーアが嬉しそうに笑みを浮かべる1枚は米国でも話題となり、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「もしも、最高を目指すなら、最高の人間から学ばなければいけない。何て美しい友情なんだ」などと伝えていた。

 ようやく低迷期を終え、久々のプレーオフ進出が見えてきたフィリーズ。ここから本当の勝負どころとなる。ボーアは記事の中で「自分ができることなら、どのような形でも喜んでチームに貢献したい」とも話している。マーリンズで学んだことを胸に新天地の勝利に全てを捧げることになる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)