西武の強さが凝縮された、4番・山川のヘッスラ「僕じゃなくてもやると思う」

西武の強さが凝縮された、4番・山川のヘッスラ「僕じゃなくてもやると思う」

気迫のヘッスラを見せた西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

延長10回に浅村と山川が一塁にヘッドスライディング、森は「絶対に打たないと」

■西武 7-6 オリックス(14日・メットライフ)

 14日のオリックス戦で劇的なサヨナラ勝ちを飾った西武。先発・多和田が初回にまさかの6失点。劣勢からのスタートとなったものの、8回までに3本の本塁打などで同点に追いつくと、延長10回に森の左中間を破るヒットで一塁走者の山川が激走し、最後はホームへとヘッドスライディング。試合を決めた。

 殊勲の一打を放った森は、お立ち台でこそ「自分も内野ゴロ打ったらヘッドスライディングしようと思った」とおどけていたが、ヴィクトリーロードを登りきった後、「浅村さんのヘッドスライディングでスイッチが入った。山川さんはまさかするとは思わなかった。あれで『絶対打たないと』と思った」と、真剣な眼差しで記者団に語っていた。

 森の心に火をつけた先輩2人のヘッドスライディング。その中でも、2つ目のヘッドスライディングで一塁に残り、サヨナラヘッドスライディングも決めた山川は「あれは当然。あれが『チームで戦う』ということです」と言い切った。「今の自分たちは『勝てばなんでもいい』。残り試合が少ない中、勝つことに意味がありますし。(同点という)あの点差であれ(サードゴロ)を打ったら、僕じゃなくても(ヘッドスライディングを)やると思います」と、特別なことをやったという意識はない。

 辻監督も「一戦必勝。1試合1試合を大事に戦っていきたい」と試合後に語ることが多い中で「一つの勝利への執着心」が、あのヘットスライディングにつながっている。ただ、その「一つの勝利への執着心」と「チームのために」ということは、少し違うと山川は言う。

山川が意識する「自分自身が与えられた役割を全力でこなす」こと

「自分の考えとしては、自分自身が与えられた役割を全力でこなすということを目標にしています。『4番バッターとしてどうするべきか』とか、『このケースではこういうバッティングをしないといけない』とか。そういうことを常に念頭において、試合に臨んでいます。それを、みんなが考えることによって結果的にそれが、チームのためになっていくというのが、いい形だと思っています」

 6月末に橋上作戦コーチがこんなことを言っていた。

「個々の能力がもともと高かったチームが、状況を意識できるようになってきたことで、得点力がより上がった」

 チームの4番・山川の発言は、首脳陣の目指す戦い方、チーム方針が十分浸透してのものと考えられるのではないか。

 選手個々がそれぞれ自ら考え、状況に応じた最善の手を打つことに全力を注ぐ――。辻監督率いる今の西武の強さの秘密は、この4番の発言と、あのヘッドスライディングに凝縮されているのかもしれない。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

関連記事(外部サイト)