MLB公式が選ぶ補殺動画にイチローの伝説プレー 米ファン納得「レーザー劇場」

イチローの『伝説』捕殺動画をMLB公式Twitterが公開 実況が「レーザービーム」と絶叫

記事まとめ

  • イチローのメジャー1年目の『伝説』捕殺動画をMLB公式Twitterが公開した
  • 動画では、イチローは三塁への矢のようなダイレクト送球で一走をアウトにしている
  • 実況は「レーザービームだ!」と絶叫し、捕殺の名称『レーザービーム』が定着した

MLB公式が選ぶ補殺動画にイチローの伝説プレー 米ファン納得「レーザー劇場」

MLB公式が選ぶ補殺動画にイチローの伝説プレー 米ファン納得「レーザー劇場」

マリナーズのイチロー【写真:Getty Images】

メジャー1年目に見せた三塁へのダイレクト送球

 これまで数々の伝説のプレーが生まれてきたメジャーリーグ。160キロを超える直球、驚異の身体能力を生かしたファインプレー……。中でも強肩を生かした補殺はいつの時代も見る者を魅了する。MLB公式ツイッターはこれまでにファンを驚愕させた補殺動画を公開。「レーザービーム」の言葉が誕生したイチローの伝説の送球も名を連ねた。

 伝説のプレーはメジャー1年目となった2001年4月11日のアスレチックス戦で生まれた。イチローは同点の8回1死一塁で右前打を捕球すると、三塁へダイレクト送球。矢のような送球に抜群のコントロールで一走のテレンス・ロングをアウトにして見せた。実況は「レーザービームだ!」と絶叫。強肩を生かした補殺の名称「レーザービーム」が定着した。

 いつまでも色褪せないイチローが見せた伝説のプレーにファンも歓喜の声を挙げている。

「あのイチローの送球はクレイジーだ」

「イチローは見ていてすごく楽しい選手だった」

「イチローがベストだ」

「あのイチローの送球はミサイルだ」

「イチローのレーザー送球」

「イチローは間違いなくミサイルだ」

「そのイチローの映像は象徴的だ」

「グレート・イチロー!」

「イチローの送球はレーザービームだ」

「レーザー劇場へようこそ!」

「ブラッド(ゲレーロ)の送球は他のどの送球よりも良い」

「セスペデス! 彼のグランドでの姿が恋しい」

「外野からの補殺は自分のお気に入りさ」

 特集動画には、2014年にアスレチックスのヨエニス・セスペデスが見せた本塁へのノーバン送球、今年8月12日にアスレチックスのラモン・ロリアーノが左中間から一塁へダイレクト送球で併殺を奪ったプレーなども登場。ただ、17年前に生まれたイチローの伝説の「レーザービーム」は、今もファンの脳裏にしっかりと刻まれている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)