ソフトバンク長谷川が急遽スタメン出場 「代打でいくようにやっていく」

ソフトバンク長谷川が急遽スタメン出場 「代打でいくようにやっていく」

ソフトバンク・長谷川勇也【写真:藤浦一都】

内川が体調不良でスタメン回避、一塁に中村晃

■ソフトバンク – 楽天(15日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの内川聖一内野手が15日、試合前の練習中に体調不良を訴え、スタメンを回避することになった。一塁に中村晃外野手が入り、長谷川勇也外野手がレフトでスタメン出場する。

 内川が体調不良でスタメンを回避する。全体練習の冒頭ではグラウンドで守備練習を行っており、工藤公康監督によると「大事には至っていない」とのこと。代わって中村が一塁に入り、長谷川がレフトでのスタメンとなる。

 長谷川のスタメンは8月2日の西武戦(メットライフ)以来。長谷川は「(達川)ヘッドに『スタメン頼んだぞ』と言われました。スタメンも久しぶりですし打席自体も空いていますが、しっかりバットは振ってきたので、試合になればなるようになると思います。1打席1打席、1球1球、代打でいくようにやっていきます」と意欲を示した。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)