オリックス逃げ切り勝ち 代役先発の山岡が3勝目 西武はソロ3発も空砲

オリックス逃げ切り勝ち 代役先発の山岡が3勝目 西武はソロ3発も空砲

3回表、バットを折りながらもオリックス・吉田正尚が2ランホームランを放つ【画像:(C)PLM】

金子千尋に故障により先発した山岡は6回2失点

■オリックス 4-3 西武(15日・メットライフ)

 オリックスが逃げ切り勝ちを収めた。15日、敵地メットライフドームでの西武戦。中島と吉田正の2ランで奪ったリードを、先発の山岡から必死の継投で守り抜いて1点差で勝利し、今季メットライフドームでの2勝目をマークした。

 初回、中島が西武先発の高橋光から左翼スタンドへの2号2ランを放ち、幸先良く2点を先制。1点を返されて迎えた3回には吉田正がバットを折られながら、右翼スタンドに打球を運ぶ驚愕の19号2ランを放ってリードを広げた。

 故障で先発を回避した金子千尋の代役として先発した山岡は6回を投げて5安打2失点。外崎、山川と2本のソロ本塁打を打たれたものの、リードを守ると、7回からは比嘉、山田、岩本、増井とつなぎ、なんとか逃げ切った。

 西武は外崎、山川、中村がそれぞれ本塁打を放ったものの、いずれもソロ本塁打。連打や複数得点が生まれなかった。先発の高橋光は初回に2点を失うなど、6回6安打2本塁打4失点で今季初黒星。リリーフ陣は無失点で繋いだものの、逆転には至らなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)