レッズ外野手がボールを“強奪”される珍事 MLB公式「ファンにボールを届けた」

レッズ外野手がボールを“強奪”される珍事 MLB公式「ファンにボールを届けた」

レッズのビリー・ハミルトン【写真:Getty Images】

ハミルトンは右中間への打球を好捕しフェンスをよじ登ったが…

 レッズのビリー・ハミルトン外野手が観客にボールを“強奪”される珍事が起こった。14日(日本時間15日)、本拠地インディアンス戦で外野スタンドの観客がハミルトンのグラブからボールを奪った大胆な行為について、MLB公式サイト内の人気コーナー「CUT4」が伝えている。

 インディアンス7点リードの8回2死走者なし。リンドーアが放った右中間への大飛球をハミルトンは快足を飛ばしランニングキャッチ。勢いそのままフェンスをよじ登ったが、スタンドのファンが強引にグラブからボールを“強奪”。ただ、ハミルトンはそれに気づくと快く応じてボールを渡した。

 ハミルトンとファンが見せた“攻防戦”を同サイトは「素晴らしいキャッチをしてフェンスを登り、ファンにボールを届けた」と見出しを付けレポート。これまで何度も好守を見せてきたハミルトンの驚異的なキャッチを称賛しながら「肩をたたかれ、とても興奮しているファンたちにボールをあげた」と伝えている。

 そして、この一連の“プレー”は最高の結末を迎えた。レッズファンの男性は強奪したボールをインディアンスファンの少年にすぐさまボールをプレゼント。記事では「素晴らしいボールのエチケットである」と、レッズファンのマナーも称えていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)