【U-12アジア選手権】日本がスリランカに快勝で準決勝へ 貪欲さ求める仁志監督「自信家であって」

【U-12アジア選手権】日本がスリランカに快勝で準決勝へ 貪欲さ求める仁志監督「自信家であって」

スリランカ相手に快勝した侍ジャパンU-12の選手たち【写真:Getty Images】

序盤は投打に苦しむも、終わってみれば5回コールド勝利

 台湾・台北で開催されている「第10回 BFA U12アジア選手権」は15日、大会3日目を迎えた。予選ラウンドグループAの日本はスリランカに12-2で5回コールド勝ちを収めた。予選ラウンドを2勝1敗とした日本はセミファイナルにグループ2位で通過。17日のセミファイナル初戦はグループB1位の韓国と戦う。

 日本の先発は左腕の加藤獅竜。初回から制球が定まらず、苦しい投球になった。先頭打者に四球を与えた後、空振り三振で1死を奪ったが、2者連続で四球を与えて満塁に。5番打者への初球が暴投となり、飛び出した一塁走者を刺して2死二、三塁としたが、再び2者連続四球で押し出しとなり、1点を失った。1イニングで5四球と乱れたが、仁志敏久監督は交代させなかった。

「つらい局面で代えてしまうことは簡単なことですけど、そういう局面を自分で乗り越えようと努力をすることが、加藤には大事なこと。今日はチームのためにというよりも、加藤のために2イニングは責任を持ってやらせようと思いました」

 初戦でチャイニーズ・タイペイに黒星を喫し、もう負けが許されない。そんな状況でも仁志監督は「あまりにもどうしようもなくなってしまったら、1回が終わったところで代えようと思いました。でも、1点しか取られなかったので、2回もいかせようと思った」と、続く2回もマウンドへ送り出した。この回も4四球で1点を失い、「あれ以上は投げさせられなかった」としながらも、「あの2イニングはあの子のためにと思って、イニングを加藤にあげました」。交代せるのは簡単なことだが、選手の成長を促すための“勝負”を見せた。

 攻撃も序盤はかみ合わなかった。初回に1点を奪い、同点に追いついたが、2回は走者をためながらも無得点。2回が終わって1-2とリードを許した。スリランカの投手が投げる遅いボールに対応しきれなかった。ようやく3回に2死二塁から同点に追いつき、6番・玉城功大の右中間を破る適時三塁打で勝ち越し。このヒットを足がかりに適時打が続き、この回、6点を奪った。4回には4番・森山竜之輔のレフトへの2ランなどで5点を得て、終わってみれば、12-2の5回コールド勝ちだった。

仁志監督が求める“自分で考え工夫する力”

 数字を見れば13安打12得点でコールドの快勝も、仁志監督の言葉は厳しかった。

「緩い球に詰まっていたら、速い球は打てないですよね。過去のチームも意外と山なりの球を打てなかったりするんですよ。過去に30点も40点も取ったことがあるんですけど、その中で本当のヒットは4、5本しかないんですよね。昨日も今日もそう。せめて、自分自身を修正する力は自分で引き出してほしいなと思うんですけどね。こちらが言わないと同じことを何度も繰り返してしまうというのは、いくら小学生でも指導者側として見逃してはいけない。一度は何かアドバイスを受けても、2度目は『まずいな』とか『うまくいかないな』と思ったら、自分の力で修正できないと。これは野球選手としてだけではなく、今後、社会に出れば同じことですから。言われなければできないという、そんな子にはなってほしくないですからね」

 教わったことをヒントに自分自身で考え、工夫や修正をするなど、野球を通じて身につけてほしい力がある。それは結果的に野球選手としての成長となる。また、小学生といえど、彼らは日本代表であり、日本の小学生のトップレベルにある選手たちだ。日の丸を背負う意味や意義を彼らなりに感じているが、さらなる誇りと自覚も促す。

「今の子の傾向なのか、俺一人でもやってやる、くらいの抜けた性格の子が少ない。このチームがそうなのか、世の中がそうなのか。どんな相手でも、上手にやろう、上手にやろうとしてしまう。そうすると、相手の力が落ちても上手くいかないことが多いし、台湾のように力が上の子どもたちを相手にしたら上手くいくわけがないので。『自分はこんなにできるんだぞ』とか、周りに対して『俺を見てくれ』という貪欲さを持ってくれたらいいなと思うんですけどね。最後にもう一度、台湾と対戦するために、(前日から)勝って当たり前、打って当たり前、抑えて当たり前、すべてやって当たり前だという、そういう気持ちでやりなさい、と言っています。それくらいの自信家であってほしいですよね」

 技術のみならず、気持ちや考え方も求める。協調性や相手への配慮なども大切だが、遠慮せずに自信を持って自分をアピールすることもまた大切だ。そうした個の結束がチームの力にもなる。

 予選ラウンド3試合を終え、いよいよ決戦へと近づく。セミファイナルでは韓国とパキスタンと対戦。まずは17日、韓国との一戦に全力を注ぐ。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)