楽天・茂木が死球で負傷交代 武田の147キロが左足ふくらはぎ付近に直撃

楽天・茂木が死球で負傷交代 武田の147キロが左足ふくらはぎ付近に直撃

6回に楽天の茂木が死球を受けて途中交代

苦悶の表情を浮かべてベンチへ退くと、代走が送られる

■ソフトバンク – 楽天(16日・ヤフオクドーム)

 楽天の茂木栄五郎内野手が負傷交代した。16日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。6回の第3打席で左足に死球を受けると、そのままベンチへと退いた。

 1点ビハインドで迎えた6回。1死で打席に入った茂木にアクシデントが襲った。1ストライクからの2球目、ソフトバンク先発の武田が投じた147キロの真っ直ぐが軸足となる左足のふくらはぎ付近を直撃。苦悶の表情を浮かべると、トレーナーに付き添われて治療のため、三塁ベンチへ。しばらくしてから代走・渡辺直が送られ、茂木は途中交代となった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)