中日・松坂が6回5安打3失点の力投! 5勝目の権利を持って降板

中日・松坂が6回5安打3失点の力投! 5勝目の権利を持って降板

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

味方打線が爆発し大量援護をもらった松坂

■中日 – DeNA(16日・ナゴヤドーム)

 中日の松坂大輔投手が16日、本拠地DeNA戦に今季9度目の先発。3連勝中のベテラン右腕は6回5安打3失点の力投を見せ5勝目の権利を持って降板となった。

 松坂は初回に2死二塁のピンチを背負ったが筒香を空振り三振に仕留め無失点。その裏に平田が先頭打者ホームランを放ち1点の援護をもらう。

 2回は先頭の宮崎に右中間二塁打を浴びたがソトを遊ゴロ、倉本を左飛、京山を見逃し三振でしのぐと、その裏に再び味方打線が奮起。1死から高橋の二塁打に2四球が絡み2死満塁とすると平田が左翼線へ2点タイムリーを放ちリードを広げた。

 それでも3回。2死から石川に三塁内野安打を許すと、続くロペスに甘く入ったカットボールを左翼席へ運ばれリードは1点に縮まる。

 この日は味方打線が爆発。3回に1点、4回には福田の左前適時打、藤井の2点タイムリーなどで4点を追加。5回にも京田の犠飛で1点を加えた。

 松坂は6回にソトに一発を浴びたが大量失点を許さず今季5勝目の権利を持って6回3失点で降板となった。7回からは2番手の岡田がマウンドに上がった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)