ソフトバンク痛い逆転負けで連勝止まる 武田7回3失点も… 楽天藤平3勝目

ソフトバンク痛い逆転負けで連勝止まる 武田7回3失点も… 楽天藤平3勝目

ソフトバンク対楽天の試合結果

今季3勝の武田は、またも完封以外での白星ならず

■楽天 3-2 ソフトバンク(16日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが痛い逆転負けを喫した。16日、本拠地ヤフオクドームでの楽天戦。中盤までリードを奪いながらも、先発の武田が6回に楽天打線につかまり試合をひっくり返された。打線も楽天先発の藤平の前に2点止まり。連勝は3で止まった。

 初回、先頭の牧原が内野安打を放ち、相手の失策と福田の犠打で1死三塁とすると、中村晃の中犠飛であっさりと先制。5回に同点とされた直後には、今宮が左翼スタンドへの5号ソロを放って勝ち越しに成功した。

 だが、武田が踏ん張りきれなかった。6回1死から茂木に死球を与えると、島内の中前安打、枡田への四球で満塁とされ、銀次に左前適時打を許して同点。さらに、続く今江の右犠飛で逆転された。その後は味方打線がビハインドをはね返せずに敗戦した。

 今季あげた3勝はいずれも完封だった武田。7回7安打3失点とまずまずの投球だったが、今季4勝目を逃した。いまだに完封以外で白星がないままとなった。

 楽天は先発の藤平が初回に先制点を奪われたものの、8回途中まで投げ、6安打2失点の好投で今季3勝目をマーク。打線は5回にウィーラーの中前適時打で同点に追いつくと、再び1点ビハインドとなった6回に1死満塁のチャンスを作り、銀次の左前適時打、今江の右犠飛で逆転。そのまま逃げ切った。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)