西武、延長12回決着つかず引き分け 12回2死二、三塁のチャンスも森が凡退

西武、延長12回決着つかず引き分け 12回2死二、三塁のチャンスも森が凡退

8回、34号同点アーチを放った西武・山川穂高【画像:(C)PLM】

1点を追う8回に山川が34号ソロを放ち同点に追いつく

■西武 1-1 オリックス(16日・メットライフ)

 西武は16日、本拠地でのオリックス戦を延長12回、引き分けに終わった。1点を追う8回に山川の一発で同点に追いつき延長12回に2死二、三塁のサヨナラのチャンスを作ったが森が一ゴロに倒れた。

 先制したのはオリックス。初回1死一塁から中島がタイムリー二塁打を放ち1点を先制。その後は両チーム無得点が続く投手戦に。それでも西武は8回1死走者なしから山川が34号ソロを放ち土壇場で同点に追いつく。

 その後は両チーム決めてを欠き試合は延長戦に突入。オリックスは延長12回に先頭の鈴木昂が左前打で出塁したが小田が送りバント失敗、安達が空振り三振、山崎勝が遊ゴロに倒れ無得点。

 その裏、最後の攻撃となった西武は2死から浅村が中前打を放ち、続く山川が左翼線へ安打を放ち二、三塁のチャンスを作ったが、森が一ゴロに倒れ引き分けに終わった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)