西武・山川&浅村でパ17年ぶり快挙なるか? 右の和製大砲30発コンビ誕生へ

西武・山川&浅村でパ17年ぶり快挙なるか? 右の和製大砲30発コンビ誕生へ

西武・浅村栄斗と山川穂高(左から)【写真:荒川祐史】

ハードルが高い日本人右打者の30発

 自身初となるタイトル獲得に向けて、本塁打量産中の西武・山川穂高内野手。8月17日の試合を終えた時点で35本のアーチを描き、自己最多の本塁打を更新中だ。

 30本の大台に乗せた山川は、球団の日本人右打者では2015年に37本塁打を放ち本塁打王に輝いた中村剛也内野手以来3年ぶりの30本塁打達成だ。現役最多6度の本塁打王のタイトルを獲得している中村は、2008年からの10年で実に5度も30本塁打以上を記録している。

 だが、中村を除くと、2008年からの10年間でパ・リーグの日本人右打者で30本塁打以上放った選手は、2009年の山崎武司氏(当時東北楽天)の39本、2015年のソフトバンク・松田宣浩内野手の35本、日本ハム・中田翔内野手の30本の3人しかいない。右の和製大砲がパ・リーグ全体で現れていないのが現状だ。

パの日本人右打者の30発コンビ・トリオとなれば平成で3例目

 今季は山川の前を打つ浅村栄斗内野手もここまで23本塁打を放っており、このままのペースでいけば、最終的には32本放つ計算になる。浅村、山川の“日本人右打者の30発コンビ”誕生に期待が膨らむが、同一球団の日本人右打者30本塁打コンビというのは、意外にも少ない。

 直近のパ・リーグ“日本人右打者の30発コンビ”は、17年前、2001年の福岡ダイエーまで遡る。それもコンビではなくトリオでの達成だ。この年の福岡ダイエーは、小久保裕紀氏が44本塁打、城島健司氏が31本塁打、井口資仁氏が30本塁打を放った。

 ではその前の達成はというと、1992年に西武が記録した、清原和博氏の36本、秋山幸二氏の31本にまで遡る。AK砲は5度もクリアしているが、平成で達成したコンビ、トリオは上記した2例のみとなっている。

 そもそも30本塁打以上を放てる日本人選手が少なく、ハードルが非常に高いものとなっている。浅村が残り試合で7本塁打以上を放ち、平成で3例目、そして17年ぶりの快挙達成となるか。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)