【高校野球】下関国際・鶴田が7回2死までノーノー快投 中村の浅め左前打に快挙阻まれる

【高校野球】下関国際・鶴田が7回2死までノーノー快投 中村の浅め左前打に快挙阻まれる

下関国際・鶴田が7回まで無失点の快投を続けている

強打・日大三から凡打の山、冴え渡る制球で四球は3つ

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第14日第3試合は、下関国際(山口)のエース鶴田が7回2死までノーヒットの快投を見せた。2死から中村に左前打を許したが、日大三の強力打線に仕事をさせず。2点リードで最終盤を迎えた。

 鶴田は得意のスライダー、ツーシームの制球がよく、打たせて取るピッチング。6回まで四球3つを出しただけで、3試合連続2桁安打の日大三打線にまったく的を絞らせず、凡打の山を築いた。4回には2四球で1死一、二塁と得点圏に走者を背負ったが、5番・中村を二ゴロ併殺。7回も先頭・日置を空振り三振、続く大塚を遊ゴロと2死までノーヒット。だが、続く中村が左翼へ放った飛球が左翼手手前に落ちるヒットとなり、1998年の松坂大輔(横浜)以来の快挙はお預けとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)