西武山川、48本塁打&125打点ペースで2冠も射程内 目指す“先代4番”超え

西武山川、48本塁打&125打点ペースで2冠も射程内 目指す“先代4番”超え

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

昨季8月から3か月連続で月間MVP獲得

 その豪快なスイングから放たれる規格外の弾道は、もはや説明不要の領域に突入していると言えそうだ。西武の山川穂高内野手が、2冠王を視野に入れるペースで本塁打と打点を量産している。本塁打王6度という球史に残るレベルの実績を持つ中村剛也選手から獅子の4番の座を受け継いだ大砲は、ここからさらにペースを上げ、先代を超えるほどの驚異的な成績を収められるだろうか。

 中部商業高校、富士大学を経て2013年のドラフト2位で西武に入団した山川は、1年目からイースタンの本塁打王を獲得。1軍でもいきなり2本塁打を放ったものの、打率.100とプロの壁に当たる形になった。翌年は1打席の1軍出場に終わってしまうが、2016年にはわずか49試合で14本塁打を放ち、持てる長打力の一端を示してみせた。

 続く2017年も序盤から出場機会を得たが、打率.111と極度の不振に陥って4月末に1軍から遠ざかることに。7月頭に再び1軍に合流してからも約1か月は打率2割前後を推移していたが、8月に入ってからついに覚醒。8月2日から5日までの4日間で10安打を放つ固め打ちを見せ、長打力と確実性を併せ持ったバッティングを1軍の舞台でも発揮していく。

 8月末からは4番を任される機会も増えていき、9月7日からは完全に4番に定着。8月と9・10月の2か月連続で月間MVPを受賞するなど、終盤にはリーグ全体を見渡しても傑出した打棒を披露した。最終的には78試合と年間試合数のほぼ半分の出場に留まりながら、打率.298、23本塁打、61打点という数字を残し、翌年以降に向けて大きな期待感を抱かせるシーズンとした。

 こうして迎えた今季も山川の勢いは止まらず。3・4月には24試合で打率.337、28安打、11本塁打、33打点と大暴れを見せる。得点圏打率は.560という驚異的な数字を残しており、前年から引き続いて3か月連続の月間MVPにも輝いた。

4番に定着した今季はキャリアハイを更新中

 その後は一時期調子を落としたものの、大いに猛威を振るう強力な西武打線で、4番の名に恥じない豪快なバッティングを随所で披露。104試合を終えた時点で打率.285、35本塁打、91打点と主砲としての役割を十二分に果たす活躍を見せ、本塁打と打点はリーグトップと、2冠王が現実味を帯びてきた。

 後半戦のみの活躍で好成績を残して「フル出場できれば来季はタイトルも」と期待されながら、翌年は他球団の研究が進んだことで思うような成績を残すことができない選手も決して少なくはない。そんな中で山川がブレイクを果たした前年以上の成績を記録しているのは、その実力が確かなものであることの証左でもあるだろう。

 現時点で、すでにこれまでのキャリアハイを更新するほどの活躍を披露し、名実ともにリーグトップクラスの強打者へと成長した山川。現時点での成績を143試合に換算すると、シーズンで48本塁打、125打点となり、現在のペースを保てればかなりの好成績が残される見込みとなっている。

 ちなみに、山川はその体格と打撃力から、先輩の中村剛也になぞらえて「おかわり2世」の異名を執っているが、元祖「おかわり君」こと中村のキャリアハイは、本塁打が2009年と2011年に記録した48本で、打点が2015年の124打点。ともに現在のペースではほぼ互角の状態となっているが、決して超えることも不可能な数字ではないはずだ。

 中村から獅子の4番を受け継いだ山川は、このままの勢いで先達と同じように2冠王に輝き、名実ともに”独り立ち“を果たせるか。優勝争いに加えてタイトル争いも熾烈を極めてきそうな終盤戦においても、その規格外のバッティングからは目が離せないことだろう。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)