大きく様変わりした救援事情 補強に成功したチーム、苦戦するチーム【セ編】

大きく様変わりした救援事情 補強に成功したチーム、苦戦するチーム【セ編】

ヤクルト・石山泰稚、DeNA・山崎康晃、広島・中崎翔太(左から)【写真:荒川祐史】

昨年ほど信頼感ない広島、「方程式」崩壊で苦心の阪神

 プロ野球の戦力は毎年変動する。これは当たり前のことだが、今季のNPBの個人成績を見ると、救援投手陣の陣容がほとんどの球団で大きく変化していることがわかる。それがチーム成績に大きな影響を与えている。2018年8月17日時点のセ・リーグ各球団の1セーブ以上、2ホールド以上の救援投手の成績を、昨年のほぼ同時期(8月20日時点)と比較しよう。

「勝利の方程式」ができている球団は、セーブ、ホールドがつく投手の数が限られている。多くの投手にセーブ、ホールドがつく球団は、救援投手陣に難があるとみていいだろう。

【セ・リーグ】

〇広島

・2018年
中崎翔太 47試1勝0敗26S5H 46回 率3.13
今村猛 29試2勝2敗1S12H 26回 率3.81
一岡竜司 41試3勝6敗1S11H 38回2/3 率3.96
高橋樹也 4試0勝0敗1S1H 6回 率3.00
ジャクソン 37試3勝1敗0S21H 35回1/3 率3.06
フランスア 26試1勝3敗0S12H 44回 率1.84
アドゥワ誠 39試3勝1敗0S5H 49回2/3 率3.08
永川勝浩 18試1勝0敗0S5H 15回2/3 率3.45
中田廉 13試0勝1敗0S2H 10回1/3 率15.68

・2017年
今村猛 54試1勝3敗23S10H 52回1/3 率2.24
中崎翔太 42試3勝0敗1S24H 41回 率1.10
ジャクソン 47試2勝2敗1S22H 49回 率2.20
一岡竜司 44試4勝2敗1S13H 43回 率1.67
ブレイシア 18試2勝1敗1S1H 21回2/3 率2.49
中田廉 46試2勝2敗0S12H 42回 率2.36
薮田和樹 33試11勝3敗0S3H 93回1/3 率2.80

 昨年は不振に陥った中崎に代わって一時期今村がクローザーを務めた。今季は中崎がクローザーに専念しているが、今村とともに失点が多く不安定だ。しかし、強力打線の援護があるため破綻には至っていない。中崎はリーグ1位タイの26セーブ。しかし、17日には一岡が満塁弾含む3被本塁打で沈むなど、今年の救援陣は昨年ほどの信頼感はない。

〇阪神

・2018年
ドリス 39試1勝3敗26S1H 37回1/3 率2.65
藤川球児 38試4勝1敗1S14H 40回1/3 率2.01
能見篤史 25試2勝2敗1S8H 36回2/3 率3.44
桑原謙太朗 39試4勝1敗0S20H 34回2/3 率3.12
岩崎優 43試1勝2敗0S8H 42回 率5.36
マテオ 17試0勝1敗0S4H 14回2/3 率6.75
モレノ 8試0勝0敗0S3H 6回2/3 率2.7
高橋聡文 14試0勝0敗0S2H 13回1/3 率4.05

・2017年
ドリス 46試3勝3敗29S3H 45回2/3 率2.76
高橋聡文 46試5勝0敗1S14H 34回1/3 率2.10
桑原謙太朗 50試3勝1敗0S29H 50回 率0.90
マテオ 48試7勝4敗0S28H 44回2/3 率2.62
岩崎優 48試2勝0敗0S11H 52回1/3 率2.41

 昨年阪神の1セーブ、2ホールド以上の投手はわずか5人。まさに「勝利の方程式」ができていたが、今季はマテオ、岩崎、高橋聡が故障や不振で成績を大きく落とす。このため先発の能見を救援に回すなど苦心のやりくりが続いている。ドリスは広島・中崎と並ぶ26セーブをマーク。しかしドリスにつなぐ道筋が不安定だ。

 そんな中で38歳のベテラン、藤川球児の好投が光っている。

数は多いが安定感ないDeNA、外国人投手の不振・故障で非常事態の巨人

〇DeNA

・2018年
山崎康晃 40試2勝4敗24S2H 39回1/3 率3.20
井納翔一 20試3勝2敗1S8H 34回1/3 率4.98
パットン 37試3勝0敗0S22H 35回1/3 率2.80
砂田毅樹 50試0勝1敗0S18H 38回2/3 率2.56
三上朋也 47試1勝1敗0S17H 44回1/3 率3.05
エスコバー 39試2勝2敗0S10H 38回 率4.03
三嶋一輝 43試6勝1敗0S9H 50回1/3 率2.86
武藤祐太 20試0勝0敗0S4H 23回2/3 率6.46
須田幸太 10試0勝0敗0S2H 10回2/3 率7.59

・2017年
山崎康晃 52試3勝2敗19S12H 49回2/3 率1.81
パットン 46試4勝3敗7S17H 44回1/3 率3.45
三上朋也 50試2勝2敗0S26H 42回 率5.57
砂田毅樹 46試1勝2敗0S17H 38回 率4.74
加賀繁 31試2勝0敗0S10H 24回1/3 率3.70
須田幸太 21試0勝2敗0S7H 15回 率9.00
田中健二朗 44試0勝1敗0S7H 37回2/3 率3.58
エスコバー 9試0勝1敗0S3H 15回1/3 率3.52

 毎年多くの救援投手を繰り出すDeNA。山崎康晃は今季も24セーブを挙げているが失点が多く、今一つ安定感に欠ける。このチームも先発の井納を救援に回したが効果は上がっていない。ただパットン、砂田、三嶋など中継ぎ陣に使える駒がたくさんいるのが強みだろう。

〇巨人

・2018年
カミネロ 20試1勝1敗11S2H 18回2/3 率5.79
マシソン 34試0勝3敗8S14H 33回1/3 率2.97
アダメス 13試0勝1敗2S1H 16回1/3 率2.20
中川皓太 18試0勝0敗1S0H 24回2/3 率6.57
澤村拓一 44試1勝5敗0S21H 48回 率3.75
上原浩治 28試0勝5敗0S10H 27回 率4.33
宮國椋丞 26試0勝0敗0S3H 29回2/3 率2.12
谷岡竜平 24試2勝1敗0S2H 24回 率6.00

・2017年
カミネロ 42試2勝5敗20S2H 46回1/3 率3.11
マシソン 44試3勝2敗2S22H 50回1/3 率1.97
西村健太朗 33試0勝2敗0S7H 35回 率2.83
森福允彦 30試1勝3敗0S6H 20回2/3 率3.05
山口鉄也 15試1勝1敗0S3H 11回1/3 率3.18

 昨年はマシソン、カミネロという鉄板の救援リレーがあったが、今季はカミネロが不振。このためマシソンが抑えに回ったが7月30日に登録抹消。アダメスを起用してはいるが、救援陣は非常事態を迎えている。今季は澤村拓一が復帰、上原もMLBから帰ってきたが、絶対的なセットアッパーとクローザーがいないのが悩ましいところだ。

又吉、田嶋が大不振の中日、新守護神・石山に信頼感があるヤクルト

〇中日

・2018年
田島慎二 29試0勝4敗15S1H 28回1/3 率6.04
鈴木博志 50試4勝5敗4S12H 46回2/3 率3.86
岩瀬仁紀 35試1勝0敗1S9H 27回1/3 率3.95
祖父江大輔 36試1勝1敗0S10H 36回 率3.00
又吉克樹 35試2勝4敗0S9H 35回 率6.17
佐藤優 22試0勝1敗0S8H 25回 率2.52
岡田俊哉 19試0勝0敗0S4H 13回1/3 率8.10
福谷浩司 16試0勝1敗0S2H 15回2/3 率2.87

・2017年
田島慎二 53試2勝5敗26S6H 52回2/3 率2.73
岩瀬仁紀 49試3勝6敗2S26H 35回2/3 率4.29
祖父江大輔 23試1勝1敗1S6H 27回 率2.67
又吉克樹 37試5勝1敗0S16H 95回2/3 率2.07
三ツ間卓也 30試2勝1敗0S11H 24回1/3 率2.59
伊藤準規 34試0勝1敗0S9H 43回 率2.09
小川龍也 17試0勝0敗0S3H 11回1/3 率2.38
岡田俊哉 9試0勝2敗0S2H 7回 率5.14
佐藤優 13試2勝0敗0S2H 13回1/3 率5.40
谷元圭介 6試0勝0敗0S2H 5回1/3 率3.38
福谷浩司 20試1勝0敗0S2H 21回 率4.71

 昨年途中に日本ハムから谷元が加入。期待されたが今季は1ホールド止まりだった。昨年、救援と先発で大車輪の活躍だった又吉も今季は大不振。田島も15セーブしているが防御率は6点台だ。

 今は「使える投手を使っていく」状態が続いている。現役最年長選手の岩瀬仁紀も1セーブ、9ホールドを挙げている。16日には浅尾拓也が319日ぶりに1軍のマウンドに上がったが、やりくりでペナントレースを戦う状態が続く。

〇ヤクルト

・2018年
石山泰稚 46試3勝1敗20S6H 48回1/3 率1.86
カラシティー 24試6勝0敗3S1H 59回 率3.97
近藤一樹 52試3勝3敗1S25H 54回2/3 率3.46
中尾輝 46試7勝3敗0S11H 45回1/3 率3.38
中澤雅人 28試0勝0敗0S8H 22回 率6.95
秋吉亮 24試1勝2敗0S6H 25回2/3 率5.26
風張蓮 44試2勝3敗0S3H 46回 率4.70
大下佑馬 11試1勝1敗0S2H 16回2/3 率4.32

・2017年
秋吉亮 29試4勝3敗10S5H 29回 率3.10
ルーキ 49試3勝5敗3S19H 47回1/3 率3.04
近藤一樹 38試1勝2敗1S11H 39回 率5.08
石山泰稚 50試3勝6敗0S20H 49回2/3 率3.62
松岡健一 23試0勝0敗0S5H 22回2/3 率3.18
ギルメット 24試0勝1敗0S2H 31回 率4.35
星知弥 22試4勝5敗0S2H 98回2/3 率4.47

 ヤクルトは2015年守護神バーネットがメジャー移籍後、クローザーを固定できなかったが、石山泰稚が久々に信頼の置ける投球をしている。秋吉亮の不振は気がかりだが、近藤一、中尾らの成長もあって、石山につなぐ方程式が生まれつつある。

 セ・リーグ6球団の中で絶対的な「勝利の方程式」ができているチームはない。これが今年の混セの一因だと推測できる。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)