時速130キロで垂直落下の高速カーブ MLB右腕の魔球に悶絶「切れ味バツグン」

時速130キロで垂直落下の高速カーブ MLB右腕の魔球に悶絶「切れ味バツグン」

驚愕の高速カーブを投じたフィリーズのアーロン・ノラ【写真:Getty Images】

フィリーズ右腕のノラ、今季はすでに14勝

 フィリーズの25歳右腕アーロン・ノラ投手の高速カーブが大きな話題を呼んでいる。17日(日本時間18日)の本拠地メッツ戦で投じた1球に、ファンから「エゲツなーーーーーーい」「アウチ!」と驚きの声が上がった。

 問題の場面は、フィリーズが3点をリードする4回表にやってきた。先頭から2連続ヒットで無死一、二塁。打席に迎えたのは、一発の可能性があるマイケル・コンフォルト外野手だった。マウンド上のノラがカウント1-2と追い込んだ後、4球目に投じたのは80.6マイル(約130キロ)の高速カーブ。ストライクゾーンのど真ん中から垂直落下するボールに、コンフォルトが振りだしたバットはかすりもせず。見事空振り三振に仕留めて見せた。

 この1球を球団公式ツイッターが動画入りで紹介すると、ファンからは“魔球”とも言える高速カーブに悶絶の声が上がった。

「エゲツなーーーーーーい」

「アウチ!」

「アーロン・ノラと対戦するとわかっていたら、自分はラインナップに名を連ねたくはないな」

「ノラの変化球は本当にえげつないし、切れ味バツグン」

「まるでウィッフルボールを投げてるみたいだ」

 2014年ドラフト1巡目(全体7位)でフィリーズ入りした右腕は、平均93マイル(約150キロ)前後の速球と85マイル(約137キロ)前後のチェンジアップ、そして78マイル(約126キロ)前後のカーブを武器とする。メジャー4年目の今季はすでにキャリアハイとなる14勝(3敗)を挙げ、フィリーズ快進撃に大貢献。魔球カーブで三振の山を築き、プレーオフ進出に弾みをつけたい。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)