【U-12アジア選手権】侍U12がパキスタンを破り3位決定戦へ 仁志監督「気を引き締めていけよ、と」

【U-12アジア選手権】侍U12がパキスタンを破り3位決定戦へ 仁志監督「気を引き締めていけよ、と」

侍ジャパンU-12代表・仁志敏久監督【写真:Getty Images】

19日3位決定戦は再びパキスタンと対戦

 台湾・台北で開催されている「第10回 BFA U12アジア選手権」は18日、セミファイナル2戦目が行われた。予選グループA2位の日本は、同グループB2位のパキスタンに16-1の4回コールド勝ち。大会最終日の19日は3位決定戦で再びパキスタンと対戦する。

 日本の先発・稲福倫汰は初回、1番・Hamid Muhammad qasimに死球を与えると、2番・Abdul Raziqにセンターのやや左へ安打を浴びた。無死一、三塁とされ、3番・Shah Junaidへの初球で一走・Abdul Raziqが盗塁。捕手の栗山大成が二塁へ送球しようとすると、三走が飛び出し、投手の稲福がカットして栗山に送球してアウトを奪った。結局、Shah Junaidをニゴロに打ち取ったが、2死三塁で4番・Ayub Muhammad adilへの5球目が暴投。先制点を献上した。

 その裏、日本は1死から2番・専徒大和が相手遊撃手の失策で出塁すると、3番・西村大和が右中間へ適時二塁打。「W大和」で同点とすると、パキスタンの先発投手の制球が定まらなかったり、守備が乱れたり、さらには盗塁も絡め、この回、5点を奪って逆転した。2回は打者13人の攻撃で7点。3回にも4点を加えた。

 1回に1点を失った先発・稲福だったが、初回の3アウト目から3回まで7者連続で三振を奪うなど立ち直った。4回には真栄里修一が1死から二塁打を浴びたが、途中からマスクをかぶった森山竜之輔が三盗を刺し、最後は空振り三振を奪ってゲームセットとなった。

仁志監督「相手をナメて試合をしてほしくない」

 16-1の4回コールドと快勝した日本。仁志敏久監督は選手の気を引き締めて臨んでいた。試合前の打撃練習では、レフト後方にあるスコアボードを直撃する打球を放つなど、パキスタンにはパワーのある打者もいた。また、日本は前日の韓国戦で3-4と1点差で敗れており、その脱力感も懸念していた。

「昨日の試合が終わって気が抜けるところもあるでしょうし、相手のパキスタンは他の国に比べて野球に対する知識や情報もない中で野球をやっているチーム。だけど、投げれば速いし、当たれば飛ぶ。先発投手もただ投げるだけだったら速い。なので、気を引き締めていけよ、とは言っていました」

 チャンスを生かせなかったり、ミスが出たりとストレスがかかった韓国戦のうっぷんを晴らすように力を出した日本。仁志監督は「子供なので、自分の力が通用すると思うと、すごく自信を持ってやるんですよね。相手の力が強いと思うと、緊張したり萎縮したりするんですけど、今日は、ピッチャーは思い切っていいボールを投げていたし、バッターも思い切っていいスイングをしていました」とうなずいた。

 19日は3位決定戦で再び、パキスタンと対戦する。今年のU-12代表で戦うラストゲームに向け、「子供たちには今日の試合の結果で、相手をナメて試合をしてほしくない。そういう変な考え方を覚えてほしくないので、ミーティングでちゃんと言おうと思います」と指揮官。最後まで力を出し、集大成を見せる。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)