【高校野球】大阪桐蔭・柿木は奪空振り率25%で翻弄…データで見る甲子園【準々決勝1】

【高校野球】大阪桐蔭・柿木は奪空振り率25%で翻弄…データで見る甲子園【準々決勝1】

準々決勝の第1試合と第2試合をおさらい

強打の浦和学院は根尾の荒れ球に的が絞れず

 かつて夏の高校野球選手権大会で1日3試合日程がデフォルトだった頃、準々決勝だけが1日4試合で行われ「準々の日」として人気だったそうです。もちろん現在でも、勝ち上がってきた強豪同士が戦う4試合が1日で見られるとあって大人気であることには違いないのですが。

 4試合のうち3試合のスコアが3-2という接戦だった夏100回目の準々決勝をデータで振り返ってみましょう。まずは第1試合と第2試合から。

◇大阪桐蔭 11-2 浦和学院

○攻撃指標(カッコ内は3回戦までの平均)
OPS 出塁率+長打率
wOBA 1打席あたりにどれだけチームの得点に貢献したかを表す指標
P/PA 1打席あたりの被投球数
O-swing% ボールゾーンのスイング率
Z-swing% ストライクゾーンのスイング率
Z-contact% ストライクゾーンのコンタクト率

【大阪桐蔭】
打率.308(.311)
OPS 1.053(.885)
wOBA 0.448(. 406)
P/PA 3.38(3.82)
O-swing% 22.1%(17.4%)
Z-swing% 68.0%(59.2%)
Z-contact% 80.4%(86.9%)

【浦和学院】
打率 .161(.319)
OPS .406(.927)
wOBA .187(.446)
P/PA 4.39(3.60)
O-swing% 32.9%(18.5%)
Z-swing% 61.7%(67.9%)
Z-contact% 70.3%(87.7%)

○大阪桐蔭・根尾昂投手の各指標
打者20 投球数95 WHIP 1.20
ストレート平均球速142.6キロ 最高148キロ
Zone% 38.9% 空振り奪取率 12.6% 見逃され率 13.7%

○大阪桐蔭・柿木蓮投手の各指標
打者13 投球数50 WHIP 0.25
ストレート平均球速143.8キロ 最高150キロ
Zone% 46.0% 空振り奪取率 28.0% 見逃され率 20.0%

 3回戦までチームOPS.927、1試合平均7.5得点の成績で、3回戦の二松学舎大付属戦ではZ-contact%が100%というバットコントロールの良さも記録した浦和学院。そんな強打を誇るチームでも準々決勝では大阪桐蔭の投手陣の前に沈黙しました。大阪桐蔭先発・根尾投手の荒れ球に狙いを絞れない様子がP/PA4.39から伺えます。追い込まれたカウントからスライダーに手を出すも25%の空振りを喫し、結局散発5安打で2得点しか奪えず敗退。埼玉県勢2連覇の夢は潰えました。

 大阪桐蔭は1試合4本塁打を記録。これは2006年智弁和歌山が対帝京戦で記録した1試合5本塁打に次ぐ記録。特に4番・藤原選手が渡辺投手の投じた143キロ内角高めのストレートをライトスタンドに運んだホームランは、その技術が高く評価されています。

 大阪桐蔭2番手・柿木投手は点差が開いた状況でのピッチングだったとはいえ、空振り率25%を記録。浦和学院の反撃の芽を完全に摘み、大量得点差での勝利に貢献しました。

鉄壁守備を誇る報徳学園、今大会初失策が決勝点につながる

◇済美 3-2 報徳学園

○攻撃指標(カッコ内は3回戦までの平均)
【済美】
打率 .333(.273)
OPS .722(.760)
wOBA 0.357(.355)
P/PA 4.10(3.66)
O-swing% 33.0%(27.1%)
Z-swing% 72.4%(62.8%)
Z-contact% 87.3%(92.1%)

【報徳学園】
打率 .276(.283)
OPS .667 (.731)
wOBA .350(.323)
P/PA 3.11(3.84)
O-swing% 29.0%(30.8%)
Z-swing% 76.6%(73.7%)
Z-contact% 97.2%(84.2%)

○済美・池内優一投手の各指標
打者18 投球数52 WHIP 1.38
ストレート平均球速137.7キロ 最高144キロ
Zone% 48.1% 空振り奪取率 9.6% 見逃され率 13.5%

○済美・山口直哉投手の各指標
打者17 投球数57 WHIP 0.86
ストレート平均球速138.0キロ 最高142キロ
Zone% 38.6% 空振り奪取率 12.3% 見逃され率 7.0%

 1点を争う好ゲームとなりましたが、打撃指標のわずかな差がその点差に現れたのではないでしょうか。

 報徳学園の1番打者・小園選手は3回戦まで5度の出塁が4度の得点につながるというリードオフマンぶりを発揮していましたが、この日は3打数ノーヒット。死球で1度出塁しましたが点には繋がりませんでした。さらには地方予選を含めここまで無失策を記録していた報徳学園守備陣が、9回に初めてのエラーで出塁を許し、それが決勝点に結びつく結果となってしまいました。

 9回裏、2点差を追う報徳学園は4番、5番の連打で1点差に詰め寄り、さらには2アウトながら三塁までランナーを進めます。代打・森本選手に対し、2ストライクと追い込む済美バッテリー。ここで空振り奪取率19%のスライダーを投じたいところですが、2回戦の星稜戦で3度もワイルドピッチを記録しており、同点のリスクも背負うことになります。それでも意を決して投じられたスライダーは見逃され、地面に叩きつけられるも芦谷捕手が必死にカバー。そして再びスライダーを選択するバッテリー。バットが空を斬るも捕球できず三振不成立。しかし、芦谷捕手は落ち着いてボールを拾い、一塁に投じて試合終了。この試合の全ての得点に貢献した芦谷捕手でしたが、最後は数字に残らない守備での貢献が光りました。(鳥越規央 / Norio Torigoe)

鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、統計学をベースに、テレビ番組の監修や、「AKB48選抜じゃんけん大会」の組み合わせ(2012年、2013年)などエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会会長。
文化放送「ライオンズナイター(Lプロ)」出演
千葉ロッテマリーンズ「データで楽しむ野球観戦」イベント開催中

関連記事(外部サイト)