DeNA今永、4回途中KO 初回に4点失い今季ワーストタイ7失点

DeNA今永、4回途中KO 初回に4点失い今季ワーストタイ7失点

DeNA対広島の試合経過

いきなり丸に2ランを浴びる立ち上がりに…

■DeNA – 広島(19日・横浜スタジアム)

 DeNAの今永昇太投手が、4回途中7失点でノックアウトされた。19日、本拠地・横浜スタジアムでの広島戦(横浜スタジアム)。初回にいきなり4点を奪われると、なかなか立て直せず、5回もたずマウンドを降りた。

 1回、先頭の西川に初球を右中間への二塁打とされる立ち上がり。菊池は投ゴロに打ち取ったが、続く丸に右中間スタンドへの27号2ランを浴び、先制点を奪われた。その後2死一、二塁のピンチで田中にもセンターオーバーの二塁打を打たれ、この回いきなり4点を奪われた。

 4回にも1死から西川、菊池に連続四球を与え、丸、鈴木、松山に3連続タイムリーを浴び、3点を失ったところで交代を告げられた。3回1/3を投げて8安打7失点でノックアウトとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)