【MLB】「なんてこった」ロッキーズ右腕の「フリスビー」のようなスライダーに驚きの声

【MLB】「なんてこった」ロッキーズ右腕の「フリスビー」のようなスライダーに驚きの声

ロッキーズのリリーフ右腕、アダム・オッタビーノ【写真:Getty Images】

ブレーブス戦でスワンソンを空振り三振に切った1球が凄すぎる…

 メジャーリーグの世界で、時折飛び出す目を疑ってしまうほどのとてつもない変化球。ロッキーズのリリーフ右腕、アダム・オッタビーノが投じたスライダーの、尋常ではない変化に驚きの声があがっている。

 18日(日本時間19日)に敵地で行われたブレーブス戦。ロッキーズの5番手として9回にマウンドにあがったオッタビーノが驚愕の1球を投じた。一打サヨナラ負けとなる2死三塁のピンチ。ダンスビー・スワンソンに対し、フルカウントの6球目に投じたスライダーが、とてつもない変化を見せた。

 ややインステップしながら、投じたオッタビーノ。スワンソンがスイングに入ると、急激に変化。キャッチャーがボールを掴んだのは左打者のバッターボックス後方あたり。完全なボールゾーンだったが、あまりの変化に、バットはあえなく空を切った。

 この超弩級のスライダーを、MLB公式インスタグラムも「これは野球のボール? それともフリスビー?」と題して動画付きで紹介すると、ファンからも驚きのコメントが次々に寄せられた。

「えげつない!!」

「これは明らかにフリスビー」

「捕手がとったことに、私は感銘を受けている」

「どうやって」

「なんてこった」

「えげつない、ウィッフルボールのスライダー」

「MLBで最もえげつないスライダー」

「これは本当にクールだね」

「フェアじゃない」

「捕手がとったことに驚いているよ」(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)