【MLB】大谷翔平“快足二塁打”&1得点もチーム逆転負け 第3打席は好機で申告敬遠

エンゼルス・大谷翔平がレンジャーズ戦で快足を生かし二塁打 チームは逆転負け

記事まとめ

  • エンゼルス・大谷翔平がレンジャーズ戦に『3番・DH』で2試合ぶりにスタメン出場した
  • 大谷翔平は第2打席で一、二塁間を破る安打を放ち、快足を飛ばして二塁打とした
  • しかし、エンゼルスは7回、ラミレスがオドルに3ランを浴びて逆転負けを喫した

【MLB】大谷翔平“快足二塁打”&1得点もチーム逆転負け 第3打席は好機で申告敬遠

【MLB】大谷翔平“快足二塁打”&1得点もチーム逆転負け 第3打席は好機で申告敬遠

「3番・DH」で出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

一、二塁間の当たりを快足飛ばし二塁打に

 エンゼルス大谷翔平投手が19日(日本時間20日)、敵地レンジャーズ戦で「3番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場。第2打席で二塁打を放ち3打数1安打1得点。チームは2-4で逆転負けを喫した。

 この日の相手先発はメジャー最年長45歳のバートロ・コロンだったが先発には急遽、ヨバニ・ガヤルドがマウンドに上がった。初回1死一塁の第1打席は92.8マイル(約149キロ)の外角直球に見逃し三振に倒れた。

 1点を追う4回無死一塁で迎えた第2打席。2ボール1ストライクからの4球目を叩いた打球は一、二塁間を破る右前打に見えたが、快足を飛ばし一気に二塁を奪い二塁打とした。続くプホルスの一塁ゴロが野選となり1点を返すと、シモンズの遊ゴロ併殺の間に三走・大谷は逆転のホームを踏んだ。

 6回1死二塁の第3打席は申告敬遠で四球。チームは7回に3番手のラミレスが1死一、三塁からオドルに3ランを浴び逆転を許した。そして2点を追う9回。先頭で打席に入ると1ストライクからの2球目を打ち左飛に倒れた。

 今季15本目の二塁打を放った大谷の打率は.268となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)