【高校野球】大阪桐蔭・藤原、守りで魅せた! 2回にレーザービームで済美の2点目阻止

【高校野球】大阪桐蔭・藤原、守りで魅せた! 2回にレーザービームで済美の2点目阻止

大会第15日、準決勝第2試合は大阪桐蔭VS済美戦が行われている

第1打席は詰まった左前安打

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第15日、準決勝第2試合で大阪桐蔭のプロ注目・藤原恭大外野手が守備で能力の高さを見せた。

 2回、済美の攻撃は1点を先行して2死一、二塁。9番・政吉が痛烈な中前打を放った。藤原はダッシュしてボールをつかむと、捕手へダイレクトのバックホーム。ホームをついた走者をタッチアウトに仕留めた。

 1回、2死一塁での第1打席は、初球の内角球に詰まらされたが、それが幸いして深く守っていた左翼手の前にポトリと落ちる左前安打。一、三塁とチャンスを広げたが、続く根尾は二ゴロに倒れ、得点はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)