【高校野球】大阪桐蔭がリードで試合は後半へ、同点5回に一挙3得点 済美は先制も逆転許す

【高校野球】大阪桐蔭がリードで試合は後半へ、同点5回に一挙3得点 済美は先制も逆転許す

大会第15日、準決勝第2試合は大阪桐蔭VS済美が行われている

序盤から追いつ追われつのシーソーゲームも…

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第15日、準決勝第2試合は、5回を終わって大阪桐蔭(北大阪)が5-2で済美(愛媛)をリードして後半に入った。

 第2試合は、追いつ追われつのシーソーゲームとなった。2回に済美が先発・山口直自らの適時打で先制すると、大阪桐蔭が4回に先頭の藤原への四球を足がかりに7番・山田の適時打と山口直の暴投で2-1と逆転。しかし、済美は5回、1死一塁から3番・芦谷の三ゴロの間に一塁走者が一気に二塁を回って三塁へ。あわてた一塁手・石川の三塁への悪送球を誘い、足でかき回して2-2の同点とした。

 その裏、大阪桐蔭得意の一気呵成に攻め立てる集中打が飛び出した。1番・宮崎、2番・青地の連打で無死一、二塁とすると、中川の投ゴロで二塁走者が三塁封殺、そして藤原も見逃し三振に倒れ2死。しかし、根尾が四球を選んで2死満塁とすると、悪送球で同点を許した石川が自らのミスを帳消しにする勝ち越しの中前2点適時打。さらに山田の三ゴロが失策を誘い、1点を追加した。

 プロ注目の大阪桐蔭・藤原は3打席でどん詰まりの左前安打、四球、見逃し三振。「5番・遊撃」で先発した根尾は二ゴロ、遊撃内野安打、四球。2人とも、チャンスメーカーとしての働きを見せている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)