【U-12アジア選手権】芦硲が3位決める一打 父は97年の選抜決勝で適時打も「自分の1本よりすごい」

【U-12アジア選手権】芦硲が3位決める一打 父は97年の選抜決勝で適時打も「自分の1本よりすごい」

コールドを決める2点タイムリーを放った芦硲 晃太【写真:Getty Images】

3位決定戦の6回にコールド決めるタイムリー「最後は気持ちで打ちました」

 台湾・台北で開催されている「第10回 BFA U12アジア選手権」は19日、大会最終日を迎え、日本は3位決定戦でパキスタンに10-0の5回コールド勝ちし、3位となった。決勝は開催地のチャイニーズ・タイペイが韓国を3-2で下し、2大会ぶり7度目の優勝を飾った。

 今大会初安打がチームにコールド勝ちをもたらした。8-0の最終6回、2死二、三塁で日本の芦硲晃太が放った打球はセンターへ抜けていった。2人がかえって10点差となり、コールドゲームになった。

「これまでヒットが出ていなくて、最後は気持ちで打ちました。あまり技術的なことは考えずに、バットに当てることを考えて打席に入りました。コールドということをあまり分かっていなくて、やっと1本が出たなって。(一塁で)審判が何か言っていたんで、なにかなぁと思っていたら、みんながベンチから出てきたのでコールドだとわかりました。ホッとしました」

 芦硲の父・太輔さんは1997年の選抜で優勝した天理の二塁手。決勝では2-1の7回に1死満塁で中京大中京を突き放す2点適時打を放っているが、「自分のヒット1本よりも、もう、すごい1本。記憶に残る1本です」と感激の面持ち。「最終回は9人目だったので8人まわらないといけなかった。もう打席はないなと思っていたら、みんながつないでくれた。本人も自信がついたと思うし、いいメンバーに恵まれました」とチームメイトに感謝した。

 自分の力で壁を越えた。「昨日の試合が終わってからちょっと焦っていました」と芦硲。初戦から8番や9番を打ち、主にセカンドで出場してきたが、「H」ランプが灯ることはなかった。毎晩、全員で素振りをしているが、「昨日は相手のピッチャーを想像しながら、自分のいいスイングができるように考えていました」。前日の18日もパキスタンと対戦していたため、相手投手のスピードなどをイメージしながらバットを振った。そして、12打席目で待望の初安打を放った。

名二塁手の仁志監督も称賛「間合いがすごく良くて動きも無駄がない」

 日頃から自分で考えて練習してきた成果だ。「3、4年生くらいまではお父さんに教えてもらったりしていたけど、5年生くらいからは自分で考えて練習してきました。ティー(打撃)をやりたいなら、お父さんに『放って』とお願いして」と芦硲。父・太輔さんは「1年生から野球を始めて、3年生くらいまでは『やるぞ』と言って練習してきました。でも、4年生くらいから6年生の試合に出はじめて、自分で考えないとついていけない、上の学年と勝負できないとわかってきて、私が言わなくても自分で練習しています」と話す。

 守備でも自主性を発揮していた。所属する加美の台ファイアーズではショートを守ることが多いが、侍ジャパンU12代表に選ばれてからセカンドも練習してきた。「代表が決まってから、チームの監督に『セカンドをやっていいですか』と言って、ノックを受ける時にセカンドもやっていました。トライアウトで感じたものがあったのか、自分がどういうプレーヤーなのかを考えてやっていましたね」と太輔さん。154センチ、45キロの芦硲本人は「ショートは体が大きくて上手い人がやると思っていたので、セカンドを練習してきました」と、その理由を明かした。

 その予想が的中。本番ではかつて父が甲子園で守り、指揮を執る仁志敏久監督が現役時代に就いていたセカンドで出場した。「守りを見ていても、バッティングを見ていても、すごく器用だし、ボールとの間合いを上手に取れる子。間合いがすごく良くて動きも無駄がない」と仁志監督。6試合中、4試合でスタメン出場した。

 試合中は父・太輔さんが栗山大成の父・憲士さんとともにスタンドの応援をリード。「みんなの声があったから、自分もリズムに乗れて打てたと思います」と感謝した。日の丸を背負った戦いを終え、「ここに来られて、チームのみんなと出会えて、いい経験ができたし、部屋とかでもとっても楽しいので良かったと思います。U-15とかもあるので、選ばれるようにしっかりと高い意識を持って中学校でもやりたいと思います」と芦硲。新たな夢を持って、日本へ帰る。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

関連記事(外部サイト)