【MLB】前田健太、救援登板で圧巻投球 打者6人を完璧に料理、2回無安打4Kの快投

【MLB】前田健太、救援登板で圧巻投球 打者6人を完璧に料理、2回無安打4Kの快投

2回を投げ4奪三振無失点の好救援をみせたドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

1点ビハインドで同点呼び込む快投も…9回にジャンセンが2被弾でドジャースは敗戦

 ドジャースの前田健太投手は20日(日本時間21日)の本拠地カージナルス戦に4番手で登板。イニング跨ぎで2回を投げたが、打者6人から4三振を奪い、無安打に抑える完璧な投球を見せた。

 ドジャースは一時0-3とリードされるも、5回にマチャドのタイムリーとベリンジャーの犠飛で2点を返す。

 前田は1点ビハインドの7回のマウンドへ。先頭のデヨングはカウント2-2からチェンジアップで空振り三振。続くオズナには追い込んでから粘られたが、最後は外角低めへのスライダーで空振り三振。そして、最後はウィスダムをスライダーで二飛。切れ味抜群の投球で3者凡退に抑えた。

 すると、ドジャースはその裏に2死一、二塁の好機を作り、マンシーがレフト前にタイムリー。同点に追いつく。なおも2死満塁の好機だったが、グランダルは空振り三振に倒れた。

 前田は8回もマウンドへ。まずはベイダーを外角へのスライダーで空振り三振に斬って取る。続くウォンはカウント2-2から外角低めへの93マイル(約150キロ)の直球で見逃し三振。最後はペーニャを94マイル(約151キロ)の直球で遊飛に仕留め、直後の攻撃で代打を送られてマウンドを降りた。

 ドジャースは、不整脈で故障者リスト(DL)入りしていた守護神ジャンセンがこの日から復帰。ただ、ロバーツ監督は試合前に前田を引き続き救援として起用することを明言した。配置転換後初の登板となった14日(同15日)のジャイアンツ戦では同点の9回に登板して1回1失点で敗戦投手となったものの、この日は快投した。

 ドジャースはそのジャンセンが9回に登板して2被弾。3-5で痛恨の敗戦となったものの、前田は指揮官の信頼に応えた形。この日は29球を投げてストライクは19球。2回無安打無失点4奪三振で防御率は3.78となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)