【高校野球】大阪桐蔭がいきなり3点先制! 金足農・吉田の立ち上がりつかまえる

【高校野球】大阪桐蔭がいきなり3点先制! 金足農・吉田の立ち上がりつかまえる

初回、大阪桐蔭がいきなり3点先制

暴投で先制点、石川が2点適時二塁打

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会の決勝、金足農(秋田)対大阪桐蔭(北大阪)は、21日午後2時に試合が始まった。

 1回、金足農は大阪桐蔭先発・柿木の前に三者凡退に終わった。その裏、大阪桐蔭は1番・宮崎が四球を選ぶと、2番・青地が外角球をうまく拾って一、二塁間を抜いて無死一、三塁といきなり先制のチャンスを迎えた。

 ここで、金足農・吉田が速くもギアを上げた。3番・中川を、2-2から内角のスライダーで空振り三振。そして超高校級の外野手・藤原には真っ向勝負で1-2から膝元のスライダーで空振り三振で2死となった。

 しかし、根尾は3-2から四球で歩かせ満塁。そして続く石川の打席で吉田が暴投。思わぬ形で、大阪桐蔭に先制点が入った。二、三塁となり、石川は右中間を破る2点適時二塁打。大阪桐蔭が、1回に3点を先行した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)