【高校野球】金足農が反撃開始! 3回に無安打で1点返し、吉田は根尾を1球斬り

【高校野球】金足農が反撃開始! 3回に無安打で1点返し、吉田は根尾を1球斬り

金足農が3回に1点を返す

四球で斎藤が出塁し犠打と暴投、犠飛で生還

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会決勝、金足農(秋田)-大阪桐蔭(北大阪)は、21日14時に試合開始。1回に3点を先行した大阪桐蔭に対し、金足農が3回に1点を返し、3-1とした。

 金足農は2回、1死一、三塁のチャンスを迎えながら、一塁走者と三塁走者が中途半端に飛び出してしまうミスが生じ、三塁走者が挟殺。絶好のチャンスをつぶした。だが、続く3回にも先頭の斎藤が8球粘った末に四球を選び出塁。犠打で二進の後、大阪桐蔭先発・柿木の暴投で三進し、2番・佐々木大夢の右犠飛で生還。無安打で1点をもぎ取った。

 吉田は2回に大阪桐蔭を三者凡退に打ち取った後、3回には1死から3番・中川に左前打を許したものの、藤原との2度目の対決は、5球目を中前に運ばれ、外野が深く守っていたこともあり、藤原は快足を飛ばして一気に二塁へ。”中前二塁打”で二、三塁となったが、根尾を初球で一邪飛、第1打席適時打の石川を二飛に打ち取り、追加点を与えなかった。

 吉田の球数は、3回までに60球となっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)