【高校野球】根尾が吉田からバックスクリーンへの特大2ラン! 大阪桐蔭がリードを7点に

【高校野球】根尾が吉田からバックスクリーンへの特大2ラン! 大阪桐蔭がリードを7点に

大阪桐蔭はさらに1点を追加し大量リード

吉田の高めの真っ直ぐを捉えてバックスクリーンへ

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は21日、決勝戦が行われ、金足農(秋田)と大阪桐蔭(北大阪)が激突した。14時に試合開始となった一戦は6-1と5点リードで迎えた5回にプロ注目の根尾が2ランを放ち、大阪桐蔭が8-1と7点にリードを広げた。

 5点のリードを奪った大阪桐蔭が、大きな追加点を挙げた。打ったのは、主砲の根尾だった。5回。4番の藤原が右前安打で出塁すると、左打席に根尾が立った。2ストライクからの3球目。金足農の好投手・吉田が投じた高めの真っ直ぐを捉えると、打球は快音を残し、中堅の遥か頭上を越え、センターバックスクリーンへの特大の一発となった。

 根尾の今大会3本目の本塁打で、大阪桐蔭はリードを7点に広げた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)