侍ジャパンU-18代表の18選手が決定 柿木、根尾、吉田らプロ注目がズラリ

侍ジャパンU-18代表の18人決定 大阪桐蔭の柿木蓮、根尾昂、金足農の吉田輝星らズラリ

記事まとめ

  • NPBエンタープライズは野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表、18選手を発表した
  • 全国高等学校野球選手権記念大会で史上初2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭から5選手
  • 柿木蓮、小泉航平、中川卓也、根尾昂、藤原恭大が選ばれ、金足農の吉田輝星も代表入り

侍ジャパンU-18代表の18選手が決定 柿木、根尾、吉田らプロ注目がズラリ

侍ジャパンU-18代表の18選手が決定 柿木、根尾、吉田らプロ注目がズラリ

昨年も2年生ながらU-18代表に選出されていた大阪桐蔭・藤原(左)、報徳学園・小園【写真:Getty Images】

大阪桐蔭からは最多5選手が出場

 NPBエンタープライズは21日、9月に宮崎県で開催される「第12回 BFA U18アジア野球選手権大会」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表、18選手を発表した。

 同日の第100回全国高等学校野球選手権記念大会決勝で、史上初2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭(北大阪)からは柿木蓮投手、小泉航平捕手、中川卓也内野手、根尾昂内野手、藤原恭大外野手と最多5選手が選出。一大旋風を巻き起こした金足農(秋田)の吉田輝星投手も代表入りした。

 準決勝まで駒を進めた日大三(西東京)からは日置航内野手、報徳学園(東兵庫)からはプロ注目の小園海斗内野手が選ばれた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)