ソフトバンク柳田が負傷交代 走塁中にアクシデントか? 代走送られる

ソフトバンクの柳田悠岐が日本ハム戦で負傷交代 走塁中に何らかのアクシデントか

記事まとめ

  • ソフトバンクの柳田悠岐が21日、静岡・草薙球場で行われた日本ハム戦で負傷交代した
  • 柳田は5回の走塁中にアクシデントがあった模様で、二塁に進んだ後に代走を送られた
  • ソフトバンクは内川聖一、デスパイネも欠くなか、主砲も負傷する事態となった

ソフトバンク柳田が負傷交代 走塁中にアクシデントか? 代走送られる

ソフトバンク柳田が負傷交代 走塁中にアクシデントか? 代走送られる

柳田が走塁の際にアクシデントで途中交代

5回に右前安打で出塁、松田の中前安打で二塁へ進んだところで交代

■日本ハム – ソフトバンク(21日・静岡)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手にアクシデントが襲った。21日、静岡・草薙球場で行われた日本ハム戦。5回の走塁中に何らかのアクシデントがあった模様で、二塁に進んだ後に代走を送られて途中交代した。

 内川、デスパイネを欠くソフトバンクに、最も恐れていたアクシデントが起きてしまった。柳田の負傷交代。3点リードの5回に右前安打で出塁した柳田。続く松田の中前安打で二塁に進んだ際に異変を訴えた。二塁ベース上でトレーナーらと言葉を交わすと、工藤公康監督は球審に代走・福田を告げた。

 自力で歩いてベンチへと退いただけに重症ではなさそうだったが、ここまでチームを牽引してきた主砲の負傷は最も恐れられていた事態。離脱となるような大きな怪我ではないことを祈るしかない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)