【ロッテ売り子トップ5】1杯でも多く“応援の元気の素”を…元気と笑顔が売りの元カンパイガールズ

【ロッテ売り子トップ5】1杯でも多く“応援の元気の素”を…元気と笑顔が売りの元カンパイガールズ

カンパイガールズにも所属していたゆきさん【写真:佐藤直子】

グループ解散後も売り子を続ける2年目・ゆきさん

 今季ロッテでは、3月30日のホーム開幕戦からホーム最終戦まで、ZOZOマリンスタジアムでの主催ゲームを対象に「売り子ペナントレース」を開催している。立ち売り販売のドリンクメニュー(ソフトドリンクも含む)を販売する売り子経験5年以内の希望者88人が参加。年間販売杯数ナンバー1となった売り子には「ハワイアン航空 成田-ホノルル往復ペア航空券」がプレゼントされるという企画だ。

 混戦模様のパ・リーグにおいてペナントレースが激化するとともに、「売り子ペナントレース」も佳境に突入。現在はまりなさんが首位を独走する形だが、レース状況が大幅に変わる可能性が残されている。それが8月31日に開催される「チケット・ビール半額デー」だ。通常700円のビールが350円になる他、ビール以外の各種ドリンクも通常よりお得な価格で販売されるため、この日に売上げ自己新記録を達成する売り子も多い。

 そんな一大イベントを前に、7月31日現在「売り子ペナントレース」のトップ5入りする人気売り子をご紹介するこの企画。第2回は3位からの追い上げを狙う「ゆき」さんだ。

 ゆきさんが売り子を始めたのは、昨年、売り子アイドル「マリーンズカンパイガールズ」のメンバーになったことがきっかけだった。残念ながら、売上げ目標の3万5000杯に322杯届かず、カンパイガールズは解散。だが、今年も売り子を続けることにした。

「去年は解散をかけて売っていたので、売り子をやりたくてやっていたのに、責任が重くて辛くなることもありました。でも、今年は売れないことで他の人に迷惑をかけることがないので、気負うことなくやれていますね」

 初めての売り子で、グループの解散がかかったレースにプレッシャーを感じるのも無理はない。だが、そのおかげで貪欲にお客さんの顔を覚える術を身につけた。

「最初は全然覚えられなくてヤバいなって(笑)。でも、カバンだったり、服装だったり、何か特徴を覚えるようにしてコツをつかみました。だんだん慣れてくると、お客さんも私のことを覚えてくれる。『あ、ゆきちゃん』って話しかけて下さるので、『この間はありがとうございます』と会話がスタートするようになりました」

 カンパイガールズが解散した今年も売り子を続ける理由は簡単。お客さんとの交流が楽しく、大好きだからだ。「2年目だから常連さんが多い方ではないんですけど」とは言うが、「その日1日だけしか球場に来られないお客さんにも、楽しく帰ってもらいたい」と元気と笑顔をトレードマークにスタンドを行き来する。

「お客さんにはいい思い出を持って帰ってもらいたいです。アルコールが入ると応援が大きくなるから、そういうのを見ていても楽しくて。応援の元気の素じゃないけど、それを皆さんに売っている感覚ですね。お客さんも元気な子から買いたいと思うんですよ。だから、とにかく元気と笑顔。あとは、お客さんとの会話を覚えておいて、前回の延長の話ができるようにしています」

ハンカチで顔の汗を拭き始めたのは…「この前、お客さんに…」

 地元・千葉市の出身で、チアリーダーをしていた高校時代には、マリンスタジアムで踊ったこともある。ナイター時に点灯するカクテルライトが「すごくキレイで」強烈な印象に残っているという。今はそのライトの中で楽しくビールを売っている。地元出身ということもあり、「小学校や中学校の時の先生が野球を見に来ていて、たまに会って『うわぁ』って(笑)。懐かしくなって話し込んじゃうこともありますね」と笑う。

 実は野球には全く無頓着だった。だが、今年は2年目の余裕も生まれ、ロッテはクライマックスシリーズ進出争いを繰り広げる。「今年はチームが勝つことが多くて『ロッテ何位かな?』って、自分で携帯にアプリを入れて調べるまでになりました。遠征に行っている時はテレビ中継見たり、結構チェックしてます」と、すっかりロッテ女子になった。スタンドでファンの熱気のど真ん中で働く売り子だからこそ感じることもあるという。

「スタジアム内で福浦(和也)選手の名前が呼ばれると、ファンの皆さんがすっごく盛り上がるんですよ。やっぱり福浦選手はすごいんだなって思いますね。あと、ホームラン数とか見ちゃうとアジャ(井上晴哉)選手はやっぱりすごいって思いますね。お客さんから大声援が飛びます」

 酷暑の今年は夏は、売り子にとっても辛い。それでも「だいぶ暑いですよ、ハンカチで汗を拭いて、水を飲んで。でも、暑いのは仕方ないから、気合と根性でやっています」と笑い飛ばす。だが、最近こんなエピソードがあった。

「この前、すごくイケメンのお客さんに買っていただいたんです。でも、そのお客さんに『お姉ちゃん、すごく美人だけど、すっごい汗だね』って言われて……(笑)。もうすごくショックで。中には、汗をかきながら元気に売る子がいいっていう方もいらっしゃるので、あまり気にしていなかったんですけど、それからハンカチで顔の汗をしっかり拭くようになりました。あの一言は響きましたね(笑)」

 今でもアイドル活動と売り子の二足のわらじを履くが、「これから先も売り子を続けていきたいです」と言うほどハマってしまった。「お客さんと仲良くなると続けたいなって思いますね。今日は誰が来てるかなって、球場に来るのが楽しみです」と、人と人とのつながりに魅了されている。

 地元の意地で目指すはトップ。昨年は397杯を売り上げた半額デーも近い。「でも、楽しくできれば、みんな優勝ですよね」。元気と笑顔で1杯でも多くの“応援の元気の素”を届ける。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)