ホークス受難の1日 柳田に続き上林もアクシデントで途中交代…右手に死球

ホークス受難の1日 柳田に続き上林もアクシデントで途中交代…右手に死球

柳田に続き上林も途中交代に

柳田は5回の走塁中に異変が起き、代走送られる

■日本ハム – ソフトバンク(21日・静岡)

 ソフトバンクの上林誠知外野手が、柳田に続き負傷交代した。21日、静岡・草薙球場で行われた日本ハム戦。9回の第6打席で右手に死球を受けると、そこでベンチに退いた。

 5回の攻撃中に、柳田悠岐外野手が何らかのアクシデントに襲われ、代走を送られて途中交代していたこの試合。上林は9回2死、1ボール2ストライクからの4球目、日本ハム西村が投じた148キロの真っ直ぐが左手を直撃する死球となった。

 一度は一塁に向かおうとした上林だが、トレーナーに促されて治療のためにベンチへ。そのままグラウンドに戻ることなく、代走に高谷が送られた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)