ロッテがルーキー藤岡の決勝打で50勝到達 1年目で100安打到達も「時間かかった」

ロッテがルーキー藤岡の決勝打で50勝到達 1年目で100安打到達も「時間かかった」

ロッテ・藤岡裕大【写真:荒川祐史】

4回の二塁打が100安打目、5回には勝ち越しの適時打

■ロッテ 6-4 西武(21日・東京ドーム)

 ロッテのルーキー藤岡裕大内野手が、チームに節目の50勝目をもたらした。21日、球団誕生50年目の“凱旋”試合となった東京ドームでの西武戦。6-4と逆転勝ちを収めた一戦で、勝ち越しの一打を放ったのが藤岡だった。

 4万3284人の大観衆がスタンドを埋めた一戦。2点ビハインドで迎えた5回、岡の適時打で同点に追いつくと、ルーキーがこれに続いた。今季12勝をマークする西武先発の多和田に2ボール2ストライクと追い込まれたが、決め球のフォークに食らいついて右前へ。これが逆転のタイムリーに。さらに中村にも3ランが飛び出し、この回大量6得点と西武打線のお株を奪った。

 「岡さんが粘ってつないでくれた。いい流れだったので、流れを切るわけにはいかないと思った」と藤岡。井口資仁監督も「なかなか追いついても、追い越せない場面があったが、しっかり追い越した。いい形で記念の試合に勝てた」とルーキーの働きぶりに目を細めた。

 得点には結びつかなかったが、4回に放った右翼線二塁打が今季100安打目。井口監督は「全試合出ているし、100安打は優に超えてもらわなければ困る。もっと、もっと打てる選手だと思う」と評した。ルーキーとして節目となる一打を放った藤岡本人は「思ったより(100安打までは)時間がかかった。1試合1本と思い100試合以内で何とかと思っていました。(試合数を超える)143安打を」と気持ちを新たにしていた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)