調子は「普通」も…本塁打量産という結果 2軍で“ホット”なロッテ4年目内野手

調子は「普通」も…本塁打量産という結果 2軍で“ホット”なロッテ4年目内野手

ロッテ・香月一也【写真:荒川祐史】

ファンからは「絶好調」の声も香月は…「自分は全然好調とは思っていない」

 ロッテ浦和球場から室内練習場に戻る途中、多くのファンから「絶好調男!」「好調だね?」などと声を掛けられたロッテ入団4年目の香月一也内野手。14日と15日の日本ハム戦で、2試合連続ライト場外へと消える本塁打を放つなど、8月は月間5本のアーチを描き、絶好調のように見える。ただ本人は「自分は全然好調とは思っていないです」とキッパリ。「良くもないし悪くもない。今は良いい方向に向かっているところです」と冷静に自己分析した。

 8月に入り本塁打を量産している香月の打撃練習を見ると、センターから反対方向への打球が多い。香月も「(逆方向を)意識しています」と話す。

 その理由について「ゲームになると体が開きやすくなるので、体の開きをなくしていく癖づけをしています。そのため、練習では逆方向を意識しています」と説明した。そうした意識付けの成果が、本塁打という結果につながっていると言えそうだ。

 香月は「ホームランだけじゃなく、ヒットもしっかり打っていきたい。守備でもチームの足を引っ張らないようにしっかりやっていきたい」と話す。打撃面では43試合の出場で、すでに2軍ではシーズン自己最多となる10本塁打をマーク。守備でも本職の三塁や二塁だけでなく、外野にも挑戦し出場機会の幅を広げようと汗を流す。

 1軍ではルーキーの安田尚憲内野手、1学年下の平沢大河内野手が先にプレーしているが、香月も1軍昇格に期待がかかる若手選手の1人。この夏、“ホット”な男の1軍昇格の日は、そう遠くはないはず。打って、守って、アピールし、1軍の切符をつかむことができるか注目だ。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)