【MLB】平野佳寿が痛恨被弾 順調に2死まで奪うがマルテにソロ弾 1点差に迫られる

【MLB】平野佳寿が痛恨被弾 順調に2死まで奪うがマルテにソロ弾 1点差に迫られる

ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

2点リードの7回に2番手としてマウンドへ

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が21日(日本時間22日)、本拠地エンゼルス戦で7回に登板し、2/3回を投げて1被弾1失点(自責1)だった。

 4-2と2点リードで迎えた7回に2番手として登板。先頭コワートを3球で空振り三振に仕留めると、続くヤングは同じく3球目で一ゴロに打ち取った。この時、ネクストバッターズサークルには大谷翔平投手が控えていたがベンチへ下がり、代打としてマルテが登場。フルカウントに追い込んだが、6球目高め速球をフルスイングされ、左翼ポール付近に飛び込む5号ソロとされた。1点差に迫られたところで、12球(8ストライク)を投げて降板した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)