【MLB】大谷翔平が代打で中飛、平野佳寿と対決準備も実現せず 試合はサヨナラ負け

【MLB】大谷翔平が代打で中飛、平野佳寿と対決準備も実現せず 試合はサヨナラ負け

8回に代打で登場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

7回にネクストバッターズサークルに控えるが交代

 エンゼルス大谷翔平投手が21日(日本時間22日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に代打出場し、中飛に倒れた。敵地交流戦となったこの日は、2試合ぶりにベンチスタート。7回には平野佳寿との対戦が実現するかと思われたが、“ニアミス”で終わった。

 2-4とエンゼルスが2点を追う7回。ダイヤモンドバックスは2番手として平野を投入。先頭コワートが空振り三振に倒れた後、大谷はネクストバッターズサークルに控えた。だが、ヤングが一ゴロに倒れると、ベンチに呼び戻されてメジャー初対戦は実現せず。大谷に代わって代打出場したマルテが左翼へソロ弾を運び、平野は降板となった。

 大谷は、4-4の同点で迎えた8回無死一塁で改めて代打出場。ダイヤモンドバックス4番手ブラッドリーの初球95マイル(約153キロ)速球をフルスイングしたが、センターフライに倒れ、3戦連続安打とはならなかった。

 試合は同点で迎えた9回裏に、ダイヤモンドバックスがポロックのサヨナラ打で勝利。エンゼルスは4-5で敗れ、2連敗となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)