【MLB】本命はヤンキース新星も…ア新人王争いは混戦模様、大谷が受賞する可能性は

【MLB】本命はヤンキース新星も…ア新人王争いは混戦模様、大谷が受賞する可能性は

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

打者ではアンドゥハーが最右翼、20発&3割近い打率

 MLB各球団は162試合のうち125試合前後を消化。そろそろ各タイトルや表彰の候補が見えてきた。注目されるのが、エンゼルス大谷翔平が所属するアメリカン・リーグの新人王(Rookie of the Year)争いだ。

 MLBの新人資格は前年までの通算実績が、打者なら130打数以内、投手なら投球回50イニングス以内。さらに各年9月1日までの25人ロースター在籍期間が45日以内となっている。

 今季、投打で有力な新人王候補を見ていこう。

〇有資格者の打者成績 本塁打数10傑

アンドゥハー(ヤンキース)三塁 20本 114試437打130安66点2盗 率.297
パルカ(ホワイトソックス)外野 18本 91試306打73安50点2盗 率.239
トーレス(ヤンキース)二塁 18本 87試307打82安53点3盗 率.267
グズマン(レンジャース)一塁 13本 96試305打73安47点1盗 率.239
グッドラム(タイガース)一塁 13本 105試347打79安41点9盗 率.228
大谷翔平(エンゼルス)投手 13本 72試221打59安38点6盗 率.267 

バウアーズ(レイズ)一塁 9本 66試230打48安34点4盗 率.209
スタッシ(アストロズ)捕手 8本 75試207打49安27点0盗 率.237
ガーバー(ツインズ)捕手 7本 83試245打64安30点0盗 率.261
ウェンドル(レイズ)二塁 7本 107試365打106安44点8盗 率.290
アダメス(レイズ)遊撃 7本 52試合174打44安19点5盗塁 率.253

 ヤンキースのアンドゥハーは数年前まで大打者アレックス・ロドリゲスが守っていた三塁の正位置を獲得。20本塁打に加え、3割近い打率を維持している。打者としては新人王に最も近いところにいる。

 大谷は本塁打数は4位タイだが、アンドゥハーの半分強の打数で13本、38打点の勝負強さが光っている。また6盗塁もリーグ新人4位だ。

 なお、公式サイトの新人王ランキングには大谷翔平の名前はない。投手登録している選手の打撃成績を表示することを想定していなかったためと思われる。

投手ではレイズのヤーブローが唯一の2桁勝利

〇有資格者の投手成績 勝利数10傑

ヤーブロー(レイズ)31試12勝5敗0S 119回2/3 107三振 率3.84
バリア(エンゼルス)19試8勝7敗0S 97回2/3 76三振 率3.41
トリビーノ(アスレチックス)53試8勝2敗4S 61回 65三振 率1.62
ベラスケス(レッドソックス)36試7勝1敗0S 65回2/3 38三振 率2.74
ビーバー(インディアンス)13試7勝2敗0S 74回1/3 76三振 率4.36
ケラー(ロイヤルズ)35試6勝5敗0S 100回1/3 67三振 率3.32
大谷翔平(エンゼルス)9試4勝1敗0S 49回1/3 61三振 率3.10
プルッコ(インディアンス)10試4勝3敗1S 48回2/3 35三振 率4.62
ジョンソン(レッドソックス)31試4勝3敗0S 78回2/3 72三振 率4.00
ロメロ(ツインズ)11試3勝3敗0S 55回2/3 45三振 率4.69
シンバー(インディアンス)54試3勝5敗0S 56回1/3 53三振 率3.51
アンダーソン(エンゼルス)46試3勝3敗4S 46回2/3 60三振 率3.47

 現時点で規定投球回数に達した投手はいない。レイズのヤーブローが12勝5敗と、ただ1人2桁勝利に到達しており、有力候補と言えるだろう。

 救援投手ではアスレチックスのトリビーノが53試合に投げて16ホールド4セーブ、防御率1.62と素晴らしい成績を上げている。

 大谷翔平は6月以来登板していないが、4勝1敗、防御率3.10は優秀だ。

昨年のジャッジのような大本命は不在、話題性では大谷も有力候補

 昨年のア・リーグの新人王はヤンキースのアーロン・ジャッジが52本塁打114打点、打率.284の破天荒な成績で受賞。ジャッジはMVP投票でもアストロズのホセ。アルトゥーベに次ぐ2位に入っている。

 今季はジャッジのような大本命が不在。数字ではなく記者投票なので、印象面でのインパクトが結果を大きく左右する。

 大谷翔平は投打ともに数字ではやや足りないが、「二刀流」という話題性によって有力候補ではあろう。

 終盤戦に向けて、打者としてさらに活躍するとともに、投手として再びマウンドに上がっていいパフォーマンスを見せることができれば、記者のイメージもアップするだろう。

 日本人選手のMLB新人王は、1995年の野茂英雄(ドジャース)、2000年の佐々木主浩(マリナーズ)、2001年のイチロー(マリナーズ)の3人が受賞している。

 大谷翔平にもまだ可能性は残されている。今後の活躍に期待したい。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)