日本ハム中田が語る高校時代の思い出… 投打で活躍「本当にあの一戦には…」

日本ハム中田が語る高校時代の思い出… 投打で活躍「本当にあの一戦には…」

日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】

1年生ながら「5番・一塁」で出場し5打数4安打と大暴れ

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は大阪桐蔭が史上初となる2度目の春夏連覇の偉業を達成し幕を閉じた。パ・リーグTVは「日本プロ野球選手会から高校球児へ応援メッセージ」と題しパ選手たちの動画を公開。大阪桐蔭高校出身・日本ハムの中田翔内野手は高校1年生の時に出場した春日部共栄戦を振り返っている。

 母校のユニホーム、帽子をかぶり高校球児に戻った中田は「個人的には1年生の時の春日部共栄戦。緊張であったり、ワクワクしている気持ちの中でホームランであったり、マウンドに立たせてもらったり。本当にあの一戦には思い出があると思います」と語っている。

 2005年の夏の甲子園では1回戦で春日部共栄と対戦。大阪桐蔭で1年生ながら「5番・一塁」として先発出場した中田は7回の第4打席で左翼席へ豪快な1発を放つなど5打数4安打の大暴れ、投げては5回途中からマウンドに上がり4回1/3、6安打1失点と好リリーフを見せていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)