ロッテ井口監督、3カード連続の勝ち越し逃す 「明日は何とか勝てるように」

ロッテ井口監督、3カード連続の勝ち越し逃す 「明日は何とか勝てるように」

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

先発・酒居は7回に制球を乱し崩れる

■西武 8-3 ロッテ(22日・ZOZOマリン)

 ロッテは22日の西武戦(ZOZOマリン)で7回に一挙6点を奪われ3-8で逆転負け。3カード連続勝ち越しを逃した。

 2点を追う3回に田村の3号ソロなどで同点に追いつくと、4回は根元の右タイムリーで勝ち越しに成功。先発の酒居が3回以降は別人のように立ち直ったが7回に連続四球からピンチを広げ1死二、三塁から秋山に2点タイムリーを浴び逆転を許した。

 酒居から左にスイッチする手も考えられたが、左腕のチェンは登録抹消のボルシンガーにかわって、25日の先発が決まっている。井口監督は逆転打を浴びた場面を「松永は8回からだし、中で投げる左が(豊富に)いるわけではない。投手コーチとも相談して」と語ったが続投は裏目に出てしまった。3カード連続の勝ち越しは逃したが「西武相手。明日は何とか勝てるように」と気持ちを入れ直していた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)